ねこのみち。

アクセスカウンタ

zoom RSS アンタ、あの子のなんなのさ?

<<   作成日時 : 2013/10/22 11:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

  ♪ちょっと前なら覚えちゃいるが、ずっと前でもおぼえているヨ、


  ♪髪がワイルドな女だって?そりゃ男みたいじゃねーのか?


  ♪こいつじゃねーか?



  その女と言うのはこんな女↓だと思ふ・・
画像
 ※クリックで画像、大きくなります。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 外国に住んでる日本人女性マンガ家やエッセイスト、文筆家はたくさんいるけど、好んで読むのは(わたしには)巨匠すぎる・塩野七生くらいで、外国にかぶれた私ですがほとんど関心がなかったのヨ、


 ところが、テルマエロマエといふマンガはなまら“ツボ”。


 能力の範疇じゃない本を読む合間にマンガや簡単なエッセイを挟む、


ヤマザキマリという人のイタリア大家族やそこへ至るまでの過程をマンガで知るにつけ、面白いわけじゃないのに、なぜだか彼女の人生が気になる。彼女の生んだ途端その子の父親であるヒモ的外国人の詩人の彼氏を捨てて、女でひとつで育ててた(途中まで)息子のその後が気になる・・・


・・・ってなわけで、どんどん読んでいる。図書館にないので買う。(もったいない・・・)


 ちょっとまえに借りてきた↓これは図書館にこれくらいしか彼女の本がなかったからなのだが、

望遠ニッポン見聞録
幻冬舎
ヤマザキマリ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 望遠ニッポン見聞録 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 あんまり覚えていない(汗&笑)けど、日本の女性ファッション誌でもてはやされる男性像がイタリアのちょい悪ジローラモ的男性であることへ憤慨  と異  を唱えており、そんなイタリア人は見たことがないと。


 日本に住む女性も、そんな男がこの世に存在しないことぐらい、それがイタリアだったとて、わかる思うんだが、そこはホレ、雑誌、おとぎの国の話でしょう??と心の中で突っ込みつつ、わかったことがある。


 ・・・あんた、きっとわたしみたいネ!?
好きでもないけど、嫌いでもない「ヤマザキマリ」はわたしの中にもあるのだった。怒っても仕方のないことにイチイチ、反論し、正解を出す、いわゆるメンドクサイやつ。


 しかも、この本にエッセイ付で出ていた西洋人の男性をたまらなく(?)魅了する女性像を見たときに、まるでわたしのようだ!と思った。わたしの鼻息の荒さなぞ、ぜんぜん足元  にも及ばない。父にも「外国人のオンナに比べたらわたし、ぜんぜんマイルドだよ」と告げると鼻であしらわれたが、


 でも、本にあるヤマザキさんのイラストの髪型と言い服装のチョイス(?)といい、自分に似てるのだった・・・つづく。


 -------------------------------------

 余談だが、港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカは名曲だと思う。

日本のラップの元祖は佐野元春教祖様だと思われるが、その前にリュードー・オザキUzaki RYu-doがやっていた。どっからひっぱってきたんだろう?

 
 オザキはジャンボやユタカだけじゃないね(笑) 


興奮で、字も読めないおばさんになりますた・・・(追記)

 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
リュードーは宇崎です。
オザキはキヨヒコもいました。
細かいツッコミにて失礼致しました。
ヤス
2013/10/22 12:54
 いゃ〜ん、ヤスさん、間違っちゃったー。頭の中がカステラになってきましたー。
くろねこ・ぷぅ
2013/10/22 13:34
ヤマザキマリ氏の作品、面白いですよね〜
『それではさっそくブォナペティート!』を読んでは「あぁ・・・○○が食べたい」って悶えております。
ながさと
2013/10/22 18:01
あ〜〜! 
キヨヒコのもみあげってなしてあんなになってるんだろう??
まるおお
2013/10/22 23:45
 いゃ〜ん、ながさとちゃん、わたしたち、彼女と同い年よね。彼女の作品、本が薄くてすぐおわっちゃうのが難点よ〜。イタリア料理のみならず、いろんなものがおいしそーに描かれてますね〜。


 いゃ〜ん、まるおおちゃん、キヨヒコはウザキじゃなかったのよー。でも、あのもみあげは女子を誘う魔法に決まってんじゃないのよ〜。
誘われないけどね〜ん。
くろねこ・ぷぅ
2013/10/23 15:24
阿木曜子さんって、きっと、よっぽど凄いお人なのでしょう、、。
miniko
2013/10/24 11:12
キヨヒコファンです。和製トムジョーンズとか言うのやめて欲しい。美しさが違いすぎるじゃんかよーーー。
miniko
2013/10/24 11:17
トムジョーンズは一時落ち目だったが、なんと彼の息子がマネージャーとなり復活!と、いうのをイギリスに住んでたときドキュメンタリー番組で観たよ。父子愛ですな。
miniko
2013/10/24 11:24
 いゃ〜ん、なんであんた3コもコメントしてんの〜。阿木ヨーコさんが新入生としてウザキの通ってた大学に現れて、ムリヤリ軽音楽部(?)に入部させたのが二人の馴れ初めです。(と、あるTV番組でウザキが言ってた)
もうもうもう、彼の一目ぼれから始まった濃いぃ恋ですわ♡今でも女神のような存在に聞えたネ。

トム・ジョーンズと言う人がよくわかりませんが、キヨヒコさんは昨年(だと思った)お亡くなりになったの。
話題からぜんぜんずれてキヨヒコなトークは・・・
くろねこ・ぷぅ
2013/10/28 10:54
阿木燿子さんは「あき」でしょうか?
「あぎ」でしょうか?
ふと気になってしまいました。
あの曲はホント斬新でした。
TAMO
2013/10/31 23:58
 いやぁ〜ん、TAMOさん、わかんなーい。
ちょっと前、テレビで見たとき、たしかウザキさんは「アキ」と言ってたような記憶がうっすらとあります。
メロディーがないのに人の心をワクワクさせたのは「あんたあの子のなんなのさ」ですねー。
くろねこ・ぷぅ
2013/11/02 16:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンタ、あの子のなんなのさ? ねこのみち。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる