ねこのみち。

アクセスカウンタ

zoom RSS 長く生きれば生きるほどイイことってあるもんだ (ウチの父)

<<   作成日時 : 2017/01/30 16:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 妹が血気盛ん?に見る 「日曜美術館」 が退屈でならなかった20代。




 人間の熟成が増しました証。昔退屈だった番組を苦手だった煮付を好んで食べるが如く楽しんで観る昨今である。


 昨日はぜんぜん知らない吉田博という版画家(洋画も)の特集。


 その画家は若い頃、盛んに異国へ出かけて行ったらしい。


 
 見ながら話は異国に住む妹の話になって・・・


 (妹がニューヨークに住んでいるため)現地で人々に顔を向けると、あんちゅうか、どうせ扁平な顔のオバサンと思ってんでしょ、見下してんでしょ、と若い頃にはあまり意識しないようにしてた感情がのど元まで出てくるのに気づく昨今、学生さんと話が合わなくなってるのに気づかされるせいかな?

 

 ところが、人間は善なんだ・・・・と感じさせてくれるのは海外での方が断然多い。当たり前といやあ当たり前か。自国にいたら心細いってことがまずないから。



 さて、なんの得にもならないのに、妹に良くしてくれた人がいたのを、昨年6月のロンドンで知った。



 
 彼はわたしに言うのだった、



 minikoは元気な時には電話をしない。
電話をかけてくるときはいつも「うえっぷ、おえっぷ、あうっ、あうっ」と泣いている・・・というのだ。そんな電話に付き合う、しかも恋愛関係でもない男性は見たことがナーイ!!



 姉として代わりに言う!ほんとうにあいむそーそーーーーーりぃぃぃ〜〜〜。



 そんな風に人に親切にされたことってない気がする。



 運も実力の中(ウチ)というが、minikoの場合は出会い力がすごすぎる。


 吉田博の作品は日本では認められないが海外では大評判だったというエピソードを見るにつけ、身寄りもない異国の人々の良き物を良いと見つけてくれる広さと偏見のなきことを感じじんわりとする。


 そして、妹に親切にし続けてくれた奇特な彼の事を思ったら、涙がつーっとな。



 その人の魂のまんまるを思って、人の世の底知れない良き物を思って、宇宙の果てみたいな果てしのなさに途方に暮れた。



 何と言っていいかわからないけど、 


 病身の肉体を纏っていたための負担から解放されて自由に空を飛んでいることを思う。


 FacebookにもTwitterにもインスタにも載せんなよと凄んでた彼↓
画像



 P.S.minikoさん、
 偽のウォーホール(仮名)さんの写真、CDに焼いて送ります。彼女に送ってあげてください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
人様に親切にされるのもminikoさんの人徳でしょうか。
そんな妹さんをお持ちなのも、ぷぅさんのご人徳です。
ヤス
2017/02/02 15:50
ヤスさん、
人徳・・でしょうか。人種には人を振り回す人、人に振り回される人と別れ、妹は後者にも思えますが、どうでしょうか(笑)。
自分でいうのもなんですが、わたしはイイ人なんですお(笑)。
くろねこ・ぷぅ
2017/02/04 09:49
でも、あたしは友達がいないんだよ。人徳なんか無いよ。
もう、理不尽に泣いても電話できるところがない。
彼特有の皮肉なユーモアもウイットに富んでて、おかしかった。泣きながら笑った。もうこれからは、ひたすら一人で泣くしかない。
miniko
2017/02/06 11:02
minikoさん、
わたしの尊敬する養老孟司先生はこう言います。
人と言うのは自分が亡くなったと認めない限りその人は死なないのだと。
人の死は二度あって一度目は亡くなった時。そして、もう一度はその人が残された人々から完全に忘れ去られた時、だそうです。
偽ウォーホールさんはあなたの中で永遠です。

そりからさ、友達と言うのは対等な間柄にあって成り立ち、お互いに良いカンジに依存しあう関係あってこそ。なので、あなたも他のためにならなければ友達は一生得られませんよ(-人-)精進したまいよ。
くろねこ・ぷぅ
2017/02/10 15:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
長く生きれば生きるほどイイことってあるもんだ (ウチの父) ねこのみち。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる