ねこのみち。

アクセスカウンタ

zoom RSS お湯が熟田津

<<   作成日時 : 2017/02/04 09:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

 道後温泉に行こうと決めて読んだ本 

 @坊ちゃん↓

坊っちゃん (新潮文庫)
新潮社
夏目 漱石

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 坊っちゃん (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 表紙カバーの安野光雅氏の絵がそそりますね。


集英社の文庫本の最後の解説も読んでみたけど、やっぱり古い新潮社がしっくりきました。


 A正岡子規↓

正岡子規 (ちくま日本文学)
筑摩書房
正岡 子規

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 正岡子規 (ちくま日本文学) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




 数年前、日暮里の子規庵で購入した子規の著書が効率よく収まってる大容量の一冊。

 読みごたえあり。

 才能があっても、病床六尺の人。切ない。



 B燃え上がる緑の木↓(時間切れにより第一章のみ。)




 大江健三郎氏は愛媛は内子の出身で森の伝承を聞いて影響されて育ったっていうんで、手を出して・・・・図書館本を何度も更新して借りてますが未だ読了ならず・・・・・・




 で、図書館からはコレ↓も

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
文藝春秋
司馬 遼太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 坂の上の雲〈1〉 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 借りただけで満足。
最初しか見なかったTVドラマを思い出して、十分、雰囲気を掴む(気のせい)。表紙を眺めるに留まる。


 年末の慌ただしさにただやられつつ・・・は、と気づく。


 『道後温泉の歴史や由来を全く知らなくね?』

 
 それはもう出発3日前くらいってなもんで、ネットで調べると出てくる、


 熟田津尓 船乗世武登 月待者 潮毛可奈比沼 今者許藝乞菜

コレ↑は万葉仮名なので夜露死苦!と書いて、ヨロシク!といった如く読みます(笑)。返ったり戻ったりしません。


 
熟田津尓(にぎたつに) 船乗世武登(ふなのりせむと) 月待者(つきまてば) 潮毛可奈比沼(しおもかなひぬ) 今者許藝乞菜(いまはこぎいでな) --額田王(ぬかたのおおきみ 女子←参考まで)


 なんとー  !!



 女子短大生の頃から行き掛かり上(笑)慣れ親しんだ句。

 これは、熟田津で療養していた斉明天皇の船出の祭に、額田王が詠んだ句といわれておる。朝鮮半島で戦乱が起こり、百済への支援のため旅をして、病に倒れ熟田津で療養。いざ船出しようと言う時、月も出て、海が凪いで良い兆候です、さあ、出航しましょう・・的な。


 若い頃はさっぱり味わえず分からんかったけどサ、この2年、放送大学で再会した万葉集とやっつけ学んだ日本の歴史のおかげで、鮮明にわかる情景、なう。


 「熟田津(にぎたづ)」はそこへ行けばどんな夢もかなうといふ愛の国ガンダーラなユートピアに聞こえていたが、なんと道後温泉あたりの温泉地だったんすね。おらぁ、感動しちまった!


 まじー。

 熟田津って道後温泉なんですかー?! にぎたつ(にきたつ、にぎたづ?)っていかにもお湯が沸騰してるカンジ 



出雲と縁なく「縁結びと縁がないわたし  」とウケル、と思っていたところ、訪れるべきところを訪れると言ったカンジですか!?



 しかもですよ、出雲大社の神、大国主命(おおくにぬしのみこと)も少彦名神(一寸法師みたいな小さい神)と旅に出て、死にそうになった少彦名を熟田津に浸けたら生き返ったという神話もあり、まさかの出雲大社の神との遭遇!


 あたい、出雲と縁がないじゃなかったのね!と感動です!


 -つづく
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらは文学の香りと教養が滲み出ているブログですよね。
尊敬します。

ところで東京マラソンの準備は如何ですか?
優勝インタビュー、楽しみにしてます。
ヤス
2017/02/06 08:47
坊ちゃんのカバー 
あ、良いと思ったら安野光雅かぁ〜
最近は昔の本もフェアごとにカバー変えて売ったり楽しいよな〜
娘の持ってた古典的な小説も なんか若い兄ちゃんのカバーでびっくりしたよ〜
まるおお
2017/02/07 09:36
坊っちゃんといえば
「坊っちゃん団子」を思い浮かべる
そんなワタクシ。
らいむ
2017/02/08 21:48
坊ちゃんといえば、池に落ちる音を思い浮かべます。
ぷぅさん、らいむさん、アホでごめんなさい。
ヤス
2017/02/09 08:43
ヤスさん、
滲み出ているのが文学と教養で良かったです。背脂と出汁が出てなくてよかった。
東京マラソンの練習は1月の試験のために万全ではなく、食欲は益々募り増す。
都会のマラソンはスタート地点へ行くにも心配が満載でもう申し込みません(笑)


 まるおおさん、
新潮文庫のこの時代のカバーは好きですわ〜。若者向けの表紙は内容が若者向けみたいで選ぶ手が止まります。古臭い方がそそるわ〜。
娘ちゃんは本をちゃんと読んでいてステキですわ。まるおお母さんの影響ですね。


 らいむさん、
そうです。団子です。団子に違いありません。
ご存じと思いますが東京(根岸?)の羽二重団子が大好きなわたくし。子規がそこで食べたんですよ。

 ヤスさん
ハローアゲイン。池に落ちるよりも飛び込みましょう。蛙飛び込む水の音-By芭蕉
くろねこ・ぷぅ
2017/02/09 16:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
お湯が熟田津 ねこのみち。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる