ねこのみち。

アクセスカウンタ

zoom RSS それは自由へのサインさ

<<   作成日時 : 2017/03/15 15:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために、(中2の時、教室の壁に毛筆で書かされ)



マラソン前日、とんちゃんと再会。ご長男の出産時に帰省していた彼女の実家(室蘭)で会って以来。・・・実に20年ぶり??!



 有明のホテルで待ち合わせ、つきあってもらってビッグサイトでナンバーカードを受け取り、セキュリティーバンドをつけられ、企業の出展ブースの人の谷間を抜けて、ホテルに戻って二人でお部屋でだらだら。
 


 4時を過ぎて、やっと重い腰を上げスタート地点まで。自分のことなのに、とんちゃんが地図を見(だけど埼玉在住)電車を調べてくれる(調べさせてる)・・・



 スタートは新宿南口の7番出口からが最寄。
おのぼりな我らにわかりにくく、途中まで行って、いったん戻って駅の道案内で尋ね、うようよしてる人の波に酔いながらとんちゃんにもレース前日のランナーの興奮を味わってもらった  。


 歩きながら、ゴメンネ、ゴメンネ・・・
ひとりじゃなにもできないと言えば「ぷぅちゃんはいつも自由でしょー??」と、かわらぬ口調で言うから、


 「わたしの自由は支えてくれる人あってこその自由!」
とにかく生来の感情の起伏 だだ漏れの人間がここまでこられたのも、みんなが辛抱強くわたしと接してくれている賜物であります  ありがとう!みんな!!


 そんなカンジで言ったらば、「子どもたちに訊かせてヤリタイワ」



 へ〜  !?そんなものかな。 
マラソンなどと言う身体に悪く、命にも係わるスポーツに身をやつすとボランティア、知らないランナーにも声をかけてくださる沿道の観衆、言いたくないが黙って東京まで行かせてくれる家族、遠くからメッセージをくれる友人知人に「ありがとう!」と頭を下げたくなるものですが、性懲りもないわたしはそれでも尚、反省がなく、



 さて、当日、ゴールには学生時代の同期のTが「ゴールに行くからちょっと待っててよ〜」とな。



 終わってからの日比谷公園もランナー(ランナー以外入れない)と企業のブースで簡単に返してくれない。



 電話をかけても通じない。だからー、俺りゃあ、もう帰るぞ〜!?くぅぅーー、


 で、やっと日比谷のメトロの乗り場で合流 

「いや〜、Sもさー、仕事で忙しいから、イイヨ、イイヨ、連絡しとくからって、言っといた〜」とオレも面倒だったんだぞ、な姿勢。むかつきますね。さっきまでの感謝何処?


 中高年にして、中高生の登下校みたいな地下鉄乗り継いで解散(笑)。当然、荷物も持ってもらい、案内させて、さっきまでの「みんな」にTを入れていない。感謝してない。お茶も飲まない、のナイナイづくしな不毛な我らであったが、旭川行きの最終が微妙。千歳に回っても千歳からのJRが微妙なので、結局、羽田で宿泊。



 ホテル(有明)においてある荷物を取りに戻り、有明からりんかい線で天王洲アイルへ・・・・

 
 で、結局、またまた・・・通りがかりの人にお世話になりました。

画像


 ナマステ・・・・(-人-)だんけしぇーん。


 エレベーターで一緒になった若者。この人しかいなかったので、彼がいなければ、あの時、どうなってた?


 問へば、自分のスマホで検索してくれる。
昨今の旅先での不思議はココで、道を尋ねると分からない人も自分の以前は携帯で、今はスマホで検索してくれる。いくら行商のおばちゃん風な私でも検索はできるツールをもっているのだが、親切このうえない。



 高校の時の修学旅行の東京では道を尋ねてもダ〜レも応えてくれず、振り向きもしてくれなかった記憶があるのに、都会の人もずいぶん変わったものであります。




 改札を出て、更に外に出てモノレール乗り場へ。次の便まで10分ほども待たねば来ない・・・嗚呼、嗚呼、嗚呼、疲!


 早朝の便にしたけど、やっぱり思い切って泊まりで良かった。それよりも羽田じゃなく同じホテルで連泊にすればよかった。激しくはないけど、やっぱ筋肉痛な風味が身体に蔓延しておった・・・。ホテルに着いたら頭痛がしたので、バファリンをレストランでもらった・・・こうやって人に支えられて家路についた・・・





 
感謝の追伸:
途中、千歳で知り合ったA子さんが待ってる辺りで端を走っていたけど見つけられず。でも、A子さんからは待ってる地点を間違っておしらせしてたけど、ぷぅさんの姿、発見しましたよ!カッコよかったですよ!中学生のころから陸上で鍛えてたから、見つけられたよ!とメールが・・・


残念な追伸;
東京の(都会の)マラソン大会は電車を降りるとプラカードを掲げて道案内と拡声器での呼びかけが。コースの下見は案外、いらないみたいでした。でも、下見のおかげでおひとり様でも自信を持ってコースへ迎えました!


 
 応援ありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
沿道で応援していた私が分かりましたか。
ジョニーデップとブラッドピットとケビンコスナーを足して割らないで、醤油とマヨネーズとケチャップをかけてグチャグチャにしたようなのが私です。
ヤス
2017/03/16 12:31
すごいね〜 もっすごい人波の中見つけれるものなんだね〜♪
カルパスも大福も気持ち悪くないと思います。
大福は餅だからスポーツに良いんでしょ?
でも カルパスはでかい1本物をわしわしワイルドに嚙み千切りながら走ってくれたらなんか嬉しいです♡
まるおお
2017/03/17 13:11
ヤスさん、
ええ、わかりましたとも。疲労で目がかすんでいたところでしたが、塩麹で更に発酵させたイイ感じのロマンスな殿方と思しき殿方に目を覚まさせられ・・・レ


 まるおおさん、
そうなんですよー。まったくびっくり。ランナーのベテランと思われる男性は帽子の上に「→」がついててね、すんごいわかりやすい人がいたよ!
栄養補給にカルパスは食べやすいと思うんだけどねー。大福食べてもパン食べても水分が欲しくなるけど、塩分ならちょっと我慢できるんだな。
それに炎天下でも防腐剤も効いててよさそう(笑)

今度のフルマラソンでは一本持って走ってみようかな♡
くろねこ・ぷぅ
2017/03/22 15:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
それは自由へのサインさ ねこのみち。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる