げろげろげろげろぐわぐわぐわっ!

 ジャズの巨匠レイ・チャールズは子どもの頃弟をなくした。

 その原因は自分にあると泣き続け失明に至ったという映画をだいぶ前に。



 わたくしの妹は幸につけ不幸につけ、遠いアメリカの地から私の仕事のゴールデンタイムに電話をかけてきては何かにつけて泣いていてウザイ。あんたもレイのように目がダメになるぞと言ったり、思ったりする今日この頃。

 イイ大人が自分の日常の悲しみ(?)を実家に全部喋るか?
現代の若者の個人主義の傾向を促進するかのようにITが隆盛を極めた昨今、電話をかけるという行為のハードルが非常に高くなった現代に生きながら電話の向こうで受話器を取れば既に嗚咽しておる。それはあたかも怪奇現象。迷惑千万である。



 そんな妹の住まいでは植物が異様な繁殖をみせてるらしい。

 

 見よ!
cactus-10.jpg

こんなサボテン、メキシコでもみない(ってか、メキシコのサボテンはもっと太い?)。


 しかも上の方で二股に分かれて・・・って、
cactus-11.jpg


 植物園にでも行かない限り、こんなの見ないけど、アニメに描かれるソンブレロサボテンの絵を思い出せば↑これは異常ではないと思われる。


 
 そしてコレ↓
potos.jpg

 ポトスに似た植物。花が咲いたらしい。水芭蕉みたいだが、



 普段見られない花が咲くと言うのは吉兆にも思われるが、花が咲くと言うことは花自身が生命の危機を感じ、子孫を増やそうとしていることにも思われ、思うに、妹が泣いたり騒いだりした気合(拳)を吸い取って生きとるんかしら?とおもはれる・・・


 あー、実家に読みたい本を熱帯雨林で購入して送りつけるのはやめてくれ(苦情)。


 もう8月に生っちゃったけど紹介したい植物は「蓮」です。モネの睡蓮系なやつ。

 7月、放送大学の面接授業で北大を訪れました。
学生時代は(わたしの母校ではない)こんなオシャレじゃなく、蓮の花の咲く池なぞなかったけれど、うっすら・・・なんだか汚い湿地帯はあったように思う。


 
 見よ!
lotas01.jpg

 
 こんな美しい蓮を咲かせる池!昔、ここらはやぶ蚊でいっぱいで枯れ腐っていた!


 今や、キャンパス内はしゃれたカフェあり、コンビニあり、グッズも販売されており、びっくりです。


 かつては「顔の札大、金の学院(逆かも)、なんとかの北海、の北大」と男性を選ぶ基準の呪文があったくらいだが、今はどうだろう。
覚えているのは応援団のきったない羽織ハカマを纏ったヤマアラシのような頭髪と髭を生やしたおっさんに見えるおそらく20代の男性に凄まれたことです。

 きっとさぞかしぶしつけな視線を向けたのでしょう・・わたしがな、



 カモさんも生まれておった。こんな楽園的学び舎だったとは知らなんだ。
kamo-st.jpg


 北大の寮歌(たぶん恵迪寮)、都ぞ弥生も当時から覚えてないけどますます朧になりました。

 自分の母校の校歌はまったく覚えず、覚える機会もなく卒業したけどな。

iyayiraykere

  「暑い夏が大好き、いくら暑くてもイイ!」・・・という輩がおりますが、わたしはダメ。

 
 正直言って寒くて日の照らない夏のしっとりした天気、悪くない。


 齢50を過ぎ、孔子なら悟ってて信長なら本能寺で火の中で舞ってる頃に至り、やっとわかったその理由。


 「釧路生まれ」
そう、霧の街、釧路。日照不足で脚気が心配されるような天気の中で育ったからだわー。やっとわかったー。あの霧で冷た~い、じめじめした天気、イヤじゃない。

 あーあつ


 でも、マラソン時や登山などの野外活動や旅行中の暑さは無視できる。

 なぜなら「あきらめているから」です。
天気に向かって晴れますように、とか、熱くなりませんよにと思っても仕方がないから、諦める これが一番、精神的に楽です。



 そんな暑さの中の雨の夜、お友達のペコさんに誘われて地元?のバンドのライブに行ってきましたー。


 以前、CDを貸してもらった時にはピン  と来なくて、正直「キビシイ・・・」と思ってたのですが、その後、何かのワールドミュージックのイベントに出演してるチラシを見たり(チラシだけ(笑))通っていたカレー屋さんで偶然、曲がBGMで流れていたのを何気に聞いていて、けっこう「あれ??」と。


 英語で歌ってるのかフランス語で歌ってるのかという感じで英語以上にわからない「アイヌ語」で歌っております。

IMG_20190726_212536.jpg

 中央にいるオキさんが(カノ・オキという名前らしい)トンコリという楽器を奏でているのですがエレキ化されており、どうやって作るんじゃ?と思いながら凝視してきました。弦を抑えず両手(指)でパラパラ奏でるカンジ??


 一緒に行った地元の劇団女優のさとみんがノリノリでひゃっほー!なカンジで私を圧倒。

 バンドの質もレベルも上級で有名・無名、いろいろ見てるけど存分に楽しめ、この夏、台湾へ行って演奏するらしく、後ろに写ってるドラマーは息子さんで16歳のボク(かわいー♡)はものっすごいうまい。超絶技巧。ボクはもう家帰って歯を磨いて寝なくちゃ☆な風貌なのにテクニックが熟成されていて、いやー、すばらしい。


 英語以上にわからずフランス語以上にもわからないアイヌ語。アイヌ人は近くて遠く、でも案外、近くにいるという存在ですね。

 きっと「オキ」で検索するとライブの模様も見られるのではと思われます。

パンパンなのにスカスカ


 わたしはたくさんの串団子を作って、木製の昔ながらの四角い蒸し器に入れてたくさん蒸した。


 団子の色はあずき色、深緑(よもぎ)、くすんだ色だった。


 そして、イカ飯も蒸した。

 醤油味のイカメシである。


 その団子とイカ飯を売りに行けないから、もういっかい蒸したら食べられるようになるから、売りに行ってねと誰かに(家族?)に指示した。

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 しかし、わたしはこの人生でイカ飯というものをほぼ食べたことがない   。

 あまり食べたいと思わない。

 今朝、見た夢である。


 とどっくのチラシでみたからかしら?

 あんなにたくさんの団子。そして、イカ飯のイカが大きくて、あんなでっかいのに、米をたくさん入れたら破裂するって聞いたけど??と思いながら、まだ蒸してない(煮ていない)イカ飯を眺めたわたくし(夢でな)。


 美容室のすどーさんはお姉さんが函館に住んでいて、イカ飯もかなり好きなんだそうだ。

 団子は?団子の夢の象徴ってなんだべ?


 放送大学のテスト前なんですが、テキスト読んでも頭にはなんも残っていない。

 食べたくはないが、作ってはみたい イカメシな。

トコロ変われば品変る

 コメント用の絵文字はどこへ行ったんだ???


 新しくなって超不便でムカつくわー。
t127797619852916123764[1].jpg

 6月の20~23日、京都に旅行。

 恋の疲れは微塵もないが、寄る年波でフツウに疲れた女の一番の思い出(?)は東寺で「凶」を引いたことです・・・ 

 

 前日訪れた憧れの栂尾(とがのお)高山寺では昨年の豪雨でお堂が壊れたために「皆さんの浄財」を求めるHPのお知らせがあった。
清いわたしの清いお小遣いを・・包むつもりが封筒を忘れたので、新品ユニクロのTシャツの間に挟まれていた白い紙でお金を包んで持ってった。そんなこともしたし、東寺でもなにかせんとて、昼ごはんの時間を惜しんで写経をした(¥2,000-也)にもかかわらず、

 おみくじを引いたら「凶」 


 なんでやねん!と憤懣やるかたない思いで(ここの観智院とかいうところには宮本武蔵の絵(墨で描いた)とかゾウや獅子、クジャクとあとなんだったか乗り物に乗った仏像(これ、聖☆おにいさんに載ってた(笑))ざざーっと見て、良縁成就の護摩木奉納?(¥200-)して、なんで凶なのか?と思いながら次の目的地に向かったが、


 周辺にお食事処がない!めんどうで水も出さずに、飲まず食わずの苦行。これが「凶」の理由か?と思ったら、


 家に帰ってきてびっくりしたことがある。


 母が玄関で転んで顔面を打ったらしく、顔が腫れ上がっており、父は父で「おまえ?どこに言ってたか知らんかった」というし・・・


 
・・・・キーッ!!


 ・・・・だが、しかし、母は顔を打ったのに歯もおれず、どこも骨折もなく医者にもいかずに済ませたのである。


 それで思い出した。
同級生の歯医者さんが「くろねこさんのお母さん、立派な歯だから130歳まで生きるよ!」と言っていた。


 (-人-)合掌。

 結果的には「大吉」と思われる。

新しいってイイ

 ぼやぼやしてるうちに7月。元気です。

p-sunnyside.jpg

 おそらくもうずいぶん前から冷蔵庫のドアのパッキンがぶよぶよし出したところに、アマテラス大御神が天岩戸にお隠れになったがごとく、冷蔵庫室内の照明がこつぜんと切れ落ちてしまい

 ドアをあけても室内真っ暗で牛乳とか手探りで取り出していた。

 冷蔵庫に灯りがないってホント、不便。


 しかしながら、冷えるので更に頑張って早、7月。

 
 ついに新しい冷蔵庫が我が家にやってきましたー!!

 あれから1年は頑張っていたと思はれます・・・苦節何年??


 新しい冷蔵庫の後ろから差す 光の  なんとまぶしいことか!!

 まるで大日如来とか観音菩薩とかそんなカンジかしら?
 セイントなお兄さんの神の国は来たってカンジです。


 この頃、寄る年波のせいかサボってブログのヒマがなく、気が付いたらディスプレイなんかが大幅に変化しており、何かと不自由な状態ですが、ここに更新させていただきます。

それでもボクはやってない

 父、6月1日にバースデイを迎え齢81歳になり運転免許返納を考えておりました。


 チッサイ会社ですが現役で経営しているところ、昨年、従業員が数名やめてしもうたので自らが配達に奔走しなければならなくなりました。ホント、よくやってるワ。


 
 免許更新前に高齢者は適性検査を受けねばならぬらしく、誕生日前に受けに行って笑った。


 「94点」



 自分でまつがったところ、わからないところをちゃんと認識している 


 あそこは完全にわからなかった、名前(大工道具)がわからんかったー。チッ・・・とか言ってるゆえに、それってもう、100点も同然でしょう・・・ってなわけで、このニュースは我が家をかなりハッピーにしたわけだ。

画像



 そんな父からある朝、「人とぶつかったから保険屋さん呼んでくれ」という電話。


 しかし、相手も自分もケガなんかしとらん。ということであった。


午後になって保険の代理店のいつもの担当者から電話があり、「相手の青年が さっぱりした良い人だったから、今回の件は保険を請求することも警察に訴えることもない」と言う。

 
 この保険の人、その朝の電話からとても不機嫌かつ調子が悪そうだったのですが、「でもひとつ、話しておきたいことありますから、今度、行ったときに説明しますから」という。



 と言いつつ、何も訊いてなのに話をつづける彼。


 「いやあ、社長は頑固者だ!警察が5~6人も来ていた中で聴く耳を全く持たない!自転車(相手)はあくまで弱者で弱者を労わる気持ちがなければダメだ!」おっしゃる。

 「いやー、ホント、いつもお手数かけてすみません」と応じたが、はて?


 ・・・・・・・・・・・・・・・・  ?




 暴れたのか?ボケなすったのか?



父はぶつけられても仕事と身体に支障をきたさない限り 「イイヨ、イイヨ、ダイジョブ、ダイジョブ」といって右の頬を打たれたら、頭のあんパンをちぎって与えるかのような対応を取って来たんだった。そんな父がゴロついたの??



 本人に帰宅後きくところによると、道路から(いつもの)スタンドに入ろうとしたら、いつもの場所が使われていて、もたもた・・・っと隣のブースに入れようと前を向いていたのだが、いつの間にか男が窓から顔を出し「ギャースカギャースカ!」と。


 
「このまま(自転車が)走ってたらぶつかると思ったと言うんだから(相手は)見てたんだよ」と父。

父は東を向き自転車は北を向いて走ってきた(のを父は知らない)。ギャースカ!と叫ばれたと同時に窓から男の顔がヌッと出た。ギャースカの末に「警察呼ぶぞ!」というから「イイヨ」と言ったんだ、と。そして、「あんた身体は大丈夫なのか?仕事は遅れないのか?と訊ねたという。



 誰も怪我してない、自転車もぜんぜん壊れてない、ウチのポンコツ車も傷がどこかわからない。


 おとーさんがゴロついたみたいに保険屋さんに言われたんだけど?と問へば、「ぜんぜん話してない、警察も3台で5~6人もやってきたけど、とーさんにはなんも訊かない。だけど車だから悪いんだって言うから俺は悪くないよと言った」という。

 

 話もせんのになんで「社長は頑固」なわけ??
確かに硬い意思の持ち主ではある。鋼並みだ。けれど、ちょっとの傷で若い人をねじ込むようないじわるするっけか?と思う。小金がおしくてゴロツクようなケチなやつか?まあ、新しい冷蔵庫購入は渋っててもな。


 警察はちゃんと取り調べもしないで「車悪し」と判断するし、保険屋も父を知っていながら見も知らずの男を信じている。怪我して訴える!といった男がなんで簡単に事故を取り下げるわけ?どうして、それが爽やかな青年なのかね?単なるゴロツキじゃないの?


  これって、「オヤジ(老人)狩り」


 ちょこっと脅して金銭巻き上げようってやつ?。暇だな。


 
 事が事なら「冤罪」じゃないのか?と思う。相手は「恐喝」だべさ?


 公務員や大の大人がぞろぞろ出てきて何も訊かないって何?なんで片方の話だけなの?


 「警察に電話するったらカネ巻き上げられると思ったんだろ?」


 保険屋さんが相手に謝りもしないっつてたよ?と言えば「謝らないよ。悪くないもん」と至ってシンプルだったが、これを謝らされたらどうなることか。「悪くもないのに謝らない。国(警察)相手に戦うよ。」


 いやー、相手が悪い。


 ジジイでも父は相当だからなー。ガキなんか相手にせんよ。


 いろいろ社会模様について考えさせられた。


 
 これ見てみたくなった↓

それでもボクはやってない
2014-09-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 こちらとても気温が低いです。


 母はまつがって「これからどんどん寒くなるからね~」と言ってた。

目指すはおさびし山。

 ともかく、異常気象です。


 平日の、しかも月曜日だけど午後7時から開演の館野泉とフィンランディア室内管弦楽団のチケットを購入しておりました。


 氏の若かりし頃は全然知らなかったけど、有名なピアニストである舘野泉は脳梗塞で倒れ現在は片手でピアノを演奏して世界各国で演奏しているお人。


 今年、フィンランドとの国交100年で、

 エーと、館野氏はフィンランドに住んで、フィンランド人と結婚しております。

偶然、ラジオに出演されたのを聴いていると、なんでも寒いところが好きなんだそう。北海道が好きだったんだけど、フィンランドに住み着いたそうで、そんな縁だろうと思われるのですが、東京、福島、北海道で演奏会を行われたわけです。


 寒い北海道が好きだと言うのに、その日は猛暑日で、線路も曲がるとか曲がったとか鉄道が運休して、のんびり4時の電車に乗ろうと思ってたのに同行の友人からラインが届いて化粧がはがれた状態でバスに乗った・・・


 バスが動いてたから良いけど、雪だったらバスも運休したりで陸の孤島になるから、ホントにヨカッタヨー!


 そんなわけで、フィンランド国交100年です。

 フィンランドに千歳かどっかから直行便が来年かそこら飛ぶらしいし、白夜マラソンに行ってみたいよねー、それってお盆だよね~、とここ数年、思っているところではありますが、ムーミンと色白金髪碧眼のイメージしかないわけでありますが、


 放送大学でイスラムの過激な集団が9.11で有名になった頃からメディアに登場した高橋和夫先生の課目を撮ったらば、イスラム圏の事ばかりかと思ってたら、フィンランドと言う国について書かれていたのもご縁です。


 通信課題に800字でフィンランドとロシアの関係を論じなさい、というのがあったのでやっつけ仕上げたものをここに貼り付けます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィンランドとロシア(ソ連)との関係について第一に挙げられる特徴は「フィンランド化」である。
領土と政治体制を守るためにフィンランドが取った行動で1930年代から長きに渡り軍事面や外交面でのソ連へ配慮のことを指して称された。

「フィンランド化」はヒトラーのナチスが1933年にドイツで権力を掌握し戦争の危機が高まったことに端を発する。
ソ連は自国防衛の都合のために様々な要求を行うが、フィンランドはそれらをことごとく拒絶し1939年11月に冬戦争に突入する。他国から差し出された援助は少なくフィンランドはソ連からの領土要求を受け入れざるを得なかった。しかし、この戦争はソ連に大きな打撃を与える。

やがてドイツとソ連の関係が悪化し1941年にそれを領土奪還の好機と見たフィンランドはドイツと接近。ドイツ側に立ったものとみなされソ連との「継続戦争」が始まり、国際社会からはドイツのソ連侵攻に手を貸した形とみなされる。ドイツが劣勢となるとソ連は再びカレリアを奪うなど悪条件の下、連合国監視委員会がフィンランドを監視したように占領は免れたが「フィンランド化」された。

1948年に結ばれた友好協力援助条約はソ連の介入を正当化。厳しい制限は続いたが1991年にソ連崩壊で外交面での自由を得、1995年にはEUにも加盟した。
ソ連崩壊で1990年からの数年間、フィンランド経済は貿易の面でソ連や東欧圏と密接であったため深刻な不況に陥り、市民生活にも密着していたという深い関係がある。

この二国間を見たとき、厳しい状況にありながら世界の頂点に立つような発展を遂げる現在のフィンランドは小国であるために新たな事柄への行動が容易なだけではなく戦争時に見せた忍耐や形ある財産(土地)ではなく形のない幸福への民の意識の高さがあるのではないかと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このWebryblogのページもどうなるんだかわからないけれど、こんなことで更新しておきます。

 国交100年の年に記念切手も発売されてて買ったり、館野泉の演奏を聴いたり、フィンランド化を習ったり、いろいろつながっております。

 ところで、高橋教授のテキストの中に「霧のカレリア」という五木寛之の小説が紹介されております。
       これです。 
          ↓   

霧のカレリア (1972年) (五木寛之作品集〈2〉)
文藝春秋
五木 寛之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




 古書かKindleしかない、または全集になるので図書館かな~と思ったのですが、ムンクの表紙がそそるので熱帯雨林で買いました・・・


 あれ?ムンクはフィンランドじゃない。北欧だけど、と思う次第。


お腹は空かしてナンボ

 ウェブリブログがリニューアルされ、今までの記事が一部(?)保存されないものもあるらしい。

今朝のNHKの番組でネット上に書き込んだものが消えずに被害につながる「デジタルタトゥー」について放送していた。これを潮に壇ふみさんのように5年日記とか10年日記とかアナログへ移行しようかなと思わないでもない。



 6月号の文芸春秋に村上春樹氏が初めて自分の父のことを寄稿し、そのお父上が戦争に行ったことが記されているというので、びっくりして最寄りの書店にお取り置きしてもらい購入。その記事を読了した。


 わたしも父方の祖父が戦争に二度行っているというし、死ぬまで足に(たぶん脛)受けた銃創が癒えず(弾を取り出せなかった、もしくは取り出す医療を施していなかった)戦争の話はほとんどせずに他界したと認識している。


 祖父が戦争に行った理由は馬の蹄鉄の技術のためで兵隊ではなく、馬の陰に隠れ、何度も命拾いしたということである。


 で、これ↓旭川にいたときの物とか言うけど
画像


 オリンピックのものだったらじーさんは旭川にはいないはずで、戦争に二度行ったと言われ、第一次と二次なのか?と計算すると合わない。徳利の裏の模様は札幌の花、スズランだけどオリンピックではなくサッポロと書かれておった(笑)


 祖父が二度、召集された経緯はおそらく、村上氏の父上と同じように1930年代後半から第二次世界大戦の間に二度受けたということなのだろうが(村上氏の父上はなんと三度)、村上氏の文章を読んでいて思ったのだけれど、戦争に行った人はやはり多くは語らないらしく「じーちゃんの戦争へ行ったときの日記とかないの?」と父に幾度となく言う私であるが、そんなことアサハカに聞くこと自体が「他人事」なのだという理解に至った次第。



 ちなみにアサハカとは「浅墓」と書くことを先日読んだ、漱石先生の「虞美人草」を読んでいて知った。

 知らんかったの私だけ??

 墓は深く掘らねばならん、中途半端な仕事をしてはならんヨ!ということなのだろう。


 同じ文芸春秋に塩野七生さんの「ノートルダム」への思いが綴られてもいたが“ITを駆使すればわかるのは「知識」だけなのだ”ということであり、ごもっともなところ。


 思慮深い人々はテロでなければいいのだが、と思ったそうだがわたしは「スパッタかタバコの火だね」と咄嗟に思ったというのは平和ボケの人、もしくは「浅墓」なのだらうか、どうなんだろうか。


 
  そろそろお昼にします。
   

母は何度も同じ話をむしかえす(苦)

 (2ヶ月くらい前?)オリンピック(日本の)グッズを収集してるYOU!を見ていたら、


 こつ然と見覚えのある黄土色の物体が画面に !?


 ウチにもある?


 あった? 捨てた?


 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 幸せになろうと思って風水に目覚めた時期がある。家じゅうをきれいに、新しい気が入ってくるように清めていれば幸せはやってくるとな。


 いろいろ捨てた。片付けた。

が、幸せ(鴨にネギ背負わせた素敵な伴侶)はやってこなかったし、むしろ捨てたことで後悔してるものが一つ二つある。家じゅうをきれいにしてマ○イ棒を作った方は現在、幸せだろうか・・・



画像


 
 TV画面に映し出されたそれを見て、捨てたべ?と疑いをかけられましたが戸棚にありました。どこにあるか覚えていない。だけど、良く目にしているアレだよ、アレ?


 なんだこりゃ・・・と子どもの頃から思っていた「徳利」である。


 貧乏な家に育った父が価値あるもを持ってるとは思えない。なにしろ形が妙である。


 表に(絵は下手だけど)スキーをしてる人の図、裏にはスズラン、そして「オリムピック」と書いてある。



 じーちゃんが戦争中に旭川にいて、そん時もらった、という。



 だけど、YOUはオリンピックグッズと言ってるんだから、戦時中じゃないしょ?


 とにかく、なんもないから勝手に実家からもらってきたのだという。


 
 父はお宝鑑定番組がキライらしい。なんにももってなくて悔しいらしい。


 お宝グッズとして紹介されていたが、鑑定してもおそらく¥500-もしたらいい方じゃないかと思う。



 ペアだったのだが、一つは自分で割ったらしい。


 なんでも私のせいにしないでほしい。


 それよりかむしろ、わたしはじーさんからラバウルの話を聞きたかった。じーちゃんの日記とかないのか?と私は問ふ。
 

 戦争の話はほとんどしなかった。そんなものはないと父は言う。


 

金閣寺も燃えた、修復をつづけてるのはサグラダ・ファミリアだけじゃないわけだ、

 ノートルダムが・・・

画像

 
 各界から悲痛な嘆きの声が寄せられていると言いますが、わたしも若干、驚きました。


 喪失感とか嘆きとか、そんなに簡単に感じるか?と思いますが(女優とかが燃えたニュースで朝から何も手に着かないとか・・・嘘だべ?)


 1度しか行ってないパリですが、滞在中、毎朝、通った。


 アルバムを開いたら・・・もともとキレイな画像ではなかったけど、あまりの薄ボケた色にびっくり。


 納得の20+α年です。

画像



 このページの左端に写る建物はコンシェルジュリーで、マリーアントワネットが最後に幽閉されていた場所だと思うのですが、巨大な建物なので、全貌は写せない。




 
画像

 

  この時、わたし、教会内で撮りまくった写真の中にびみょう~なものが含まれており、それは昔、そこにいた尼僧だということだった。


 あまりの不思議さに当時、放送されていたお昼の番組に霊感姉妹が霊視するコーナーに送って声だけ出演し(電話をつないで)鑑定してもらったので、きっと違いないでしょう。


   わたしがこの度、残念に思うのは前世で何度かフランス人だったからで、おそらく教会には世話になったからです  フランス人やポルトガル人であっても自分的にはドイツ人やイタリア人ではないと思う。同盟に属さない的な、何か(怖)。


 でも、ノートルダムはパリより先にモントリオールを訪れておる。あそこはキレイなんだよ、青くて。

画像



 これらを見て、やっぱり本も写真も紙の方が扱いやすいねと思う。


京都はロックなお坊さんのふるさとでしょ?

 厳かに静かに安息日の如く厳粛に、歓喜のうちにその日を迎えるべきなのでしょうが、



  現天皇の譲位と新天皇の即位のために、日本全国津々浦々の多くの企業などで10連休らしい。
心静かにあわてず、騒がず、来るマラソン大会や放送大学の勉強のために費やす・・・・ん、だ・・・との決心をしながらも、


 
・・・家にずっといて毎日、毎日、ご飯を作り続ける(休みなのに)と思うと、きゃー!!いや~!!


 ある日のラインで、ともぴへの返事に山友へのメッセージが紛れ込んだことがきっかけで今までいろいろ読んで温めてきた京都に行きたいハートに火をつけられ・・・

京都に行きたくなった経緯--

(山友からラインメッセージ「今、滋賀県にいます」
わたしから山友へ「ところで滋賀県、びっくり」のあとで、ともぴへの返事に
わたしから「ところで滋賀県美瑛ヘルシーマラソンは申し込んだ?」
ともぴ「滋賀県もまだ、北海道もまだ?」
わたし「????」 
わたしからともぴへ「あ!ともだちが滋賀県に行ってる文字が?!彼女は西国三十三めぐりで滋賀県」
という話から始まり、
わたしの行ったことのある三十三か所のウチのお寺は清水寺と六波羅密寺しかないというなけなしのお坊様への知識が溢れだした・・・というわけで、京都へ行きたくなった。わたしは空也像の口からミニ菩薩が出てくるのが大好きなんだわー) 

 
 はっ  こんな時こそ溜め込んでたマイルじゃなかとね??!とひらめき、


 
 左手にマウス、右手に電卓・・・



 パトラシュ、ぼく、やったよ・・・


 かなりの時間、仕事をサボって画面をスクロールしたりクリックしたりして~ とうとうやりました!


 マイルでかなりいい日程で千歳⇒関西往復航空券を予約できたんどすえ。


 年齢も深まると、ひとりでさびしいけれど、オレ、やったよ 


 というわけでブログの更新もコメントへの返事もせず、毎日、毎夜、ネットの悪魔に取りつかれてましたが・・・


 まあ、予定なので、旅立つ決心つけるまでにあと数日、ください・・・(笑)

プードル、カメラに近づきすぎで撮れない

 東京は19℃とか?こちらは冬に逆戻りで、案外、本気出して雪が・・・


 これ↓は、2月にスノーシューしに行った美瑛の、道もなくなるくらい雪降るぞ、的な画像。
画像



 こんときは、お昼までがっちり歩いて汗もかくのかと思いきやものの30分程度で終わってしまった。

こんななら独りで嵐山(京都じゃなかよ)に行った時の方がじうじつ♡してた。美瑛はひところの賑わい(冬でも)ぶりはどこへ?オサレなカフェも閉店(廃業)されてるところが多く、スノーシューのガイドのおっさんのやる気のなさにガッカリ+寂れ感で残念すぎる。


 もうすぐ春だってのに、こんな画像ですまないのですが、
画像


 この日はこの冬最高の最低気温・・・最高で最低。(笑)


 
 冷えるので汗をかかぬよう徒歩で嵐山入口まで。
画像


 寒いが天気がなまら良いので清々しいことこの上ない。


 嗚呼、わたしの心は無情菩提に至る・・・


 この無情菩提って言葉は賢治(宮沢)の「旭川」って詩で知った。

 ベタで申し訳ないがバッハの音楽やパッフェルベルのカノンのような澄み渡るイイ感じ。



 だけど、寒さで催してカフェをこれまた探したけれど、ここでもカフェは閉店(廃業)ばかり。下界に下りてきて『そうだ、あそこのカフェで~!!』と注文をせぬうちにトイレへ駆け込んだんだったな。


 
 うむ  


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 昨日は友人のお住まいの付近で事件があり驚いたけど、今朝は朝のNHKラジオで「いじめを認定された」というニュースが。



 最近、この手のニュースが多く、どの事件かわからないのだけど、「ちゃんと反省してもらいたいというのはタテマエで、本音は許せない」、と親御さんの声が流れていた。


 そうかと思えばなんでも、暴力的な先生を退職に持ち込んだ生徒+親御さんたちのワイドショーも見た 


 自らを考えてみると「おそらく私の態度が鼻についたんだろうなぁ」とは思う。


 そういうさまざまな思いもあるにはあるが、いじめた誰それを思うと、やっぱり罪を憎んで人を憎まず、という風には収まらない。


 朝から「むかつくわー」とつぶやく。


三位一体、三すくみ、サンサンナナ拍子、一念三千

  おやおや、

  ・・・今日は尊敬するアーティスト佐野元春氏の  誕生日 

 13日という日はなんかあったはず・・・と喉に小骨が引っかかってるような気分でいたが、そうか、今日はフランソワ(平民)でなくて、元春さん(スター)の誕生日だったか・・・と合点がいったわけです。


 

 それにしても、人の顔と名前を見たらだいたい忘れず覚えており、接客的な仕事をしていた時分は相手は覚えてないであろう人の顔まで覚えていて、あいさつをしそうになることも多々あったのだが、この頃、テレビ画面に映るタレントを見て、見ているのに名前を思い出せない!ってことがある。

 驚くばかりでなく、老化を感ずるところでありますが、


 最近、↓この本を読みました。

羅生門/偸盗/地獄変/往生絵巻 (講談社文庫 あ 1-1)
講談社
芥川 龍之介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




 これは短大入学時、住んでいた寮の近くの××教の部屋があると噂されたビルの1階の本屋(今はもうない)で購入した短編集で、岩波でなく、新潮でもないこれを買ったのは2~30円この本が安く、しかも厚かったからだと記憶している。


 そんな記憶があるのに反し、読み切った記憶はない。



 この度、3月に六本木歌舞伎なるものが北海道にやってきてエビ創とV六のケンくん(え?だから六本木?)が演ずる羅生門の催しを見に行くことになったので、読んでみた。



 本来、エビ創さんに興味はないのですが、友人のSちゃんが「芥川の短編はあの短い中にすごいドラマが簡潔に描かれていて素晴らしい・・・」と云々していたのも手伝って興味を持ったわけですが、



 こんな分厚い文庫本・・・・授業で使ったんだよね~と思いながら、本を閉じて小口を見ると・・・ やっぱり!?


 数ミリの汚れた部分がある。


 その部分は「地獄変」。


 

 ストーリーもミジンコほども思い出せない。


 書き込みがあったおかげでぼんやり思い出し理解も深まったのだが、あの頃は全然、おもろなかった。今なら「ヘー!!!!」と思えても若い頃はぜんぜん。



 所詮はわたしってこんなもんだな、と思ふ。




 それでも再読は一度は読んだのに覚えてないのがワクワクする。うっすら覚えているのに感動がチガウのもなんか楽しい。かつては読んだという気分がなんとなくイイのだ・・・


 

 元春さんが言うには今日は平成31年3月13日で 上から読んでも 31313 下から読んでも 31313 らしい。


 へー!


 なんもない日常にこんな面白いことを思いつくあんたはエライ!と叫ぶ(心の中で)。


 

気持ちだけロックスター☆

クラス会の写真をみたら写っていないので(私)、その頃の写真を送ってほしいと連絡が。


便利なツールがありすぎて、連絡が取りやすすぎて・・・気持ちも距離も近く、わたしがとてもハッキリした人であると相手が知っているならお断りするところ、他人に近い。かわいそうなので文句も言わずに従うことにした。



 Windowsがウチの事務所にやってきたのは95からだけど、時代は98だったはずだけどカメラは・・キャノン・オートボーイ(所有者たぶん、妹)でフィルムで撮っていたのだった。むー   


 写真をスマホで写してLINEで送れとな。

記憶を遡れば99年にカナダの友人と札幌の友人が結婚しているが・・・99年、もしくは01年でもよかろうと思うのだが、フィルム写真はピンボケが多い。


アルバムの写真は景色やモノしか撮ってなくて、旅も主に一人旅なんだから自分が写ろうはずもない。自撮りなんていう、自分大好き現象も始まってない。


 どんな服装でその服は無理してワンサイズ小さいの買ったとかどんな髪型だったか覚えて・・・て・・・で、空気のように人目につかぬように生きている(目標)わたくしですが(マジでさ)髪型は別で、20代の後半から30代の半ば過ぎまでバンドはやってないが、ヘビィメタルな風貌でして、どうせ写真を載せるならブライアン・メイよりはおとなし目でロバート・プラント(知らんが)よりも硬そうなボリューム感たっぷりな髪型をしてたのよ、



 そう、↓こんな(笑)
画像



  フフフ、色っぽいぜ~え~♪


 ぜんぜん、色っぽくない

 

  で、こんなカンジよりももっとごわごわしたカンジで、
画像


 そもそもわたしの髪は固いのだ。


  ヘビメタ(髪)の当時も久しぶりに会った先輩には「ジャズシンガーでもやってるんですか?」と嫌味を言われたり(会うなり) ステキですねーと褒められれば「わたし、実はダンサーなんだよね」と言えば本気にしてもらえたものです。・・・事務員です。


 2000年の頃もボヤ騒ぎみたいな髪型だった。
静かに生きよう(-人-)という心持に反し、得体のしれない自己顕示欲で爆発ヘアを送ってやろうじゃないか・・!と探した。


当時、目指していたのはヘビメタのおっさんではなく、くるっくるの夢見るフランス人形みたいかわいい♡のだったんだけどさ、それがどうして、質と多さとクセのせいで・・・ 


 なんかー、スナックのママみたい(笑)。


 で、その爆発っぷりのいい写真がない。イメージで桑名氏を起用した次第↑(笑)。クラスメイトにもこれらの写真を送ったればよかったナ

 でも、わたしの場合、美容師の好みにより、前髪がない。そんなカンジで想像してください。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 で、思い出したんだけど、その昨年のクラス会でのこと。


 小1、小2、小3、小4と引っ越すまで同じクラスだったA君のこと。


 まさにオニババだった担任の先生のために、いつも給食を食べられず居残りして、涙をポロポロ流したり、力弱くひとりだけみんなが見ている中で床の雑巾がけをさせられて、(今だったらたーいへん!!!)それを思い出すたびに「今のわたしなら断固先生に抗議する(拳突き上げ!)と思ってて、

 そのことを「あの時は助けられなくてゴメンネ!」と40年ぶり!に会って話したら、


 「今の今まで忘れてた?!あのくそばばぁ~!!!」と悶絶する彼。


 そんで、途中省略するが「オマエなんて大嫌いだ!」と言われて帰って来たよ(笑)。


 わたしも一度は偽のロックシンガーだったけど、彼は宮沢賢治にそっくりだったのに、ロン毛を結わえてちょび髭でスカジャン着てるって・・・髪型の事を考えてたら思い出したんだけど、そんなヤク●な風貌になるくらい弾けたと思ったんだけど、いやー、デリカシーがなかった、ははは。


 

 だけど、キライってさ、鳩が豆鉄砲くらったような、ははは・・・ハハハ、

 

眠れる子羊はスノードームの夢にうなされ、

 ♡♡♡ Happy Valentin's Day ♡♡♡


 人生、友チョコ三昧。


 わたしの人生、ありがとうございます (-人-)☆三 


やっぱ、チョコレートはMeiji だと思う 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  トキオ、トキオ・・・・♪


 ちゃんちゃんちゃ~~ちゃらかちゃからかんかんちゃ~~~ん(Rydeenのメロディーでお願いします)


 
 ファンじゃないのでテケトーにしか知りませんが、晴れた朝の真っ白い道を走ってて遭遇した景色に電気羊-的なアンドロイド的な・・・YMO的な・・・



    「こわっ!!!!」
        ↓
画像


 ホント、こわいから~ 

 
 ぽこん、ぽこん・・・と白い要塞の隙間に人がっ!!!


 レジデンツのコンスタンチノープルやYMOの増殖のジャケットみたい光景が脳内でフラッシュして、コワイ。


 そして、雪の隙間に現れる人影は基本、黒い。なんで黒さー?と色とりどりの洋服が好みのわたくしは思う。


 余談ですが、ラン用のウインドブレーカーは派手なデザインが多く、やはり目につきやすいようにということなのでしょう。


 そして、続いてフラッシュしたのはコレ↓です。 兵馬俑(へいばよう) 
画像


 こわいよね~、すごいよね~。


 秦の始皇帝・・・

 こういうの見ると、やっぱ武力じゃかなわんわな~!と思う。


 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、今のわたしの心配事は薬物も大事故も乗り越えたオジーがインフルエンザで入院中らしいです。


 ここでもう一回、奇跡の復活を!!!

 本物の、死なないオジー・オズボーンとして復活されたし(-人-)☆三

大人ですから、猫だって迷子にならない

  日本全国、降雪でたいへんそうですが皆さんご無事でしょうか??



 わたしも今朝は早よから除雪しました。

 細かい雪が音もなく降り続けた翌朝、びっくり!的な雪です。




 そんな中、野生?の猫は今日も元気です(?)。


  ばったり☆
画像

 

  いや~ん♡ねこた~ん♡びじんさんでしゅね~♡



画像




  カメラを向けると、いったん固まり・・・




  スタコラさ~~~!!!
画像




 
 追いかけてみれば、しっぽ♡が♡


画像



 ひみつのアッコちゃんに出てきたネコの名前は「シッポナ」だったけど、素晴らしいネーミング。

 さすが天才マンガ家ですな。


 ******************************************


 この季節、数年前から除雪がなかなか入りません。
市の財政負担だと思っていたら、それだけではなく同時に人員の確保ができないそうで。
運送業者もそうだし、ウチの会社もそーなんですが、仕事をしてないニートはいっぱいいそうだけどねー、と憤慨するわたくし。

 除雪に関しては積雪量が規定に達したら除雪するというルールの量そのものが上がっていて、なかなか出動もしないらしい。市民は「どうせこないんでしょ」と諦めているのだった・・・


 電話が突然鳴ってうっかりステキな事務員節で出ると、携帯電話とか安い電力とかどこかのニンニク卵黄とか古いトラックや重機売りませんか~な電話だったりする。


 この時、おばちゃんなら別だが、若い兄ちゃんやねーちゃんになら一度、「そんな(電話で)人に嫌がられる仕事してないでもっと力出して汗出して働いた方がイイよ~」と言ってみたい。


 でも、したことがない。


 コールセンターのバイトはとっても時給もよく、受けよりもかける方がイイらしい。

 わたしの友人(女+独身)もそろそろ仕事を辞めて、もう仕事しなくてもイイの~、と言いながら「ベルで働く」「バイト二つ掛け持ちしたら家もあるし、生活できる」らしいのだ。


 古い人間なんだ・・・・とそういう時や若い人の意識とのギャップに、思うのだった。もう自覚したのよ。わたしって、老人年齢に達したんだ・・・とな。


 とにかく、ニートな若者諸君!


 ストーブがんがんたいて、スマホ片手にアイスクリーム食べてないで外へ出よ!


 除雪しよう!!(お願い(笑))。

ぼやぼやしてるうちに平成もあと100日切ったとかって~

日本に来日していたらしい美術展を見に行くと友人が。



 
 読んでいた本に偶然、その絵の描写が載っていたので、写真をとって送ってみた。


画像




画像



 有名すぎるほどに有名な、美術に造詣がなくてもごぞんぢかと思われるこの絵のタイトルはなんでしょうか?


 ① 三々九度
 ② 七転八起
 ③ 叫び
 ④ 抱腹絶倒


 こんな風に↓毎日、雪が降ると・・・
画像






 こんな顔になってしまいます・・・
画像


 これ↑は今から恐ろしいことに6年前に見た、ムンクの叫びで、もう何度もこのブログで紹介してますが


 パステル画に見えますが・・・



 人は誰しもこの絵を「叫び」と呼んでいますが、わたしとしてはあんまり叫び声が聞こえないカンジがします。


 透明の巨大ビニールに包まれて、叫んでいるんでしょうがこちらには届かない、まさに他人事なカンジで、わたしの立ち位置は叫んでる人に感情移入してるのではなく、ちょうど橋の上にいるストレンジャー。

 ちなみにストレンジャーは変な人と言う意味ではなく、見知らぬ人ととっていただけると、


 もうひとつ、この絵の描写のあった本のタイトルはなんでしょうか??


 

小さなコツコツが辛いんだな、コレが。

  おめでとうございます。



  フィットネスクラブで知り合ったE子さんは掃除が大好きで完璧に掃除を追えないと新年を迎えられないそうですが、わたしの場合、掃除しても散らかったままなのはなぜなんでしょうか?



 テケトーに掃除してもタンスの裏のホコリを吸い取ったと思えばなんとなくむず痒かったなにかからも解放される気分にもなり、30日に例年通り喉を嗄らし、三が日はぐだぐだでTVばっかり見てすごしました。もー、特に重要でもない画面から離れられない祭り。もったいなかー。



 2日はこれも例年通り、6kmジョギングしました。


  いつもの友人たちといつものカレー屋さんで集った際に↓見せた自撮りですが
画像


 「中国人観光客みた~い」と言われました。


 13000 12988歩弱歩いても560 537kcalとかで、友人たちは運動する気が失せたと言うのですが、どうなんでしょうか。


 来年は走って初詣しよう!と思うのですが、年齢がどんどん増し〼(-人-)ことしもどうぞよろしく。


 

一番好きなのはほわいるまいぎたーじぇんとりーうぃーぷす(ビートルズで)です。

自分で書いたレビューを読み返して泣けて、手前味噌でございます 

フレディ・マーキュリーと私
ロッキングオン
ジム ハットン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




 世界的に映画がヒットして、まるでなんにも知らない若者と(たぶん)おんなじような気持ちでQueenの曲にやられており、本まで読んで、動画も見て、



 そして、わかった 


 ① この人は男として男が好きだったわけで、別に女になりたいわけではない。

 ② しかし、やっぱりどこかフェミニン。
本に掲載されてる写真の彼の手つきはとても可憐な女性的なカンジである。恋人が書いているように彼の肢体は華奢である。

 ③ フレディの最期もとても美しい解放された光に満ちていたそうだ。
今、読んでいる自由律俳句の人が言うには「殺戮されたのではなく、自然死(病気だとしても殺されたのではなく)を迎えた人の死はどこか穏やかだ」というのと一致している。



 そう思うと、以前、これを見たときも↓




 ジョージの最期は光に包まれていたと妻が話しているのだった。


 なるほどなーと思う。


  自由律俳句のこの人↓を知ったのは偶然ですが、NHKラジオの聞き逃しサービスで知ったのですが、

他界
講談社
金子 兜太

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




 その聞き逃しサービスと同じ内容がこの本にも掲載されております。

 戦争や原爆や社会派の自由律俳句はたまたま放送大学のテキストでいくつか読んだのですが、すごいんですが、それはまた別の機会に。


 
 で、とにかく・・・医学が進歩して昔は諦めた病でも今ではなんとか生き延びられる時代になったことを思うと、白髪のフレディがゲイについて大いに語ってほしかったわーと思うんですが。



 妹の遺産がウチにあって、3枚組のベストアルバムと最近、ライブエイドとモントリオールのライブを見つけて楽しんでいて思ったのですが、



 ちょっと変な話なんだけど・・・



 裸で靴下履いていたらすっごい変だと思うし、ランニングシャツを着てノー下着も妙。


 でも、B'Zの稲葉さんが短パンで裸でも変じゃない(そんなライブ映像あったような・・・)けど、フレディの短パン姿で上半身に何も来ていない姿の時は、


 えっ  それ、イイの??


 と思ってしまった。



 何が原因か考えたんだけど、おそらくそれは「ヒゲ」のせいだと思うのよねー。


 なんか、ちょっとそのスタイル、おじさんがまつがってる姿にやっぱり見えるわーと・・・ははは。


 ・・・こんな話ですみません。


 クラプトンも自伝映画、自分で進んで作ってるのがあるそうですね、


 むー