やっぱり涙が出ちゃう。

画像


  青い空の下運転をしながら、こないだ見た映画『Deer Hunter』のシーンを思い出して、心の中で何度もリプレイしている。
それはデ・ニーロ扮するマイケルが親友ニック(クリストファー・ウォーケン)をヴェトナムから連れ戻そうと、親友を相手にロシアン・ルーレットに挑むシーンだ。そうしなければ、ニックと話をすることができないからだ。

  震える手で自分の頭に銃を向け、怯え、これで最後かも知れないと懸命に親友に訴え言う言葉。「I love you...!!」あのときのデ・ニーロの表情とこの言葉。そして、無表情のニックがその言葉に反応を示すも虚しく発砲してしまう。
男性が男性に言うこの言葉の強さ。そして友情の深さ。デ・ニーロが発したI Love youがひどく貴く感じられ・・・

  そんなことを思いながら、新しく入社した若者たちの働く姿を見ると、なんだか「うるっ」としてしまった。長く続くかなぁ・・・とかそんなことを思って。戸惑いながら仕事をしてる姿を見ると、ちっぽけな会社で仕事をしていくのも、させていけるように努力することも「愛情」あってこそかなぁ・・・なんてね。

  週末、お友達のナゴミ宅にお泊りし、ものすごい久しぶりなのにもかかわらず、とっても自分の家のように過ごしてしまった・・・これは私が図々しいのか、ナゴミちゃんの愛ゆえなのか。愛ゆえ、ということにしてください。ウフ。
  そして、ナゴミちゃんの夫からは私の好みのタイプにつていの質問があった・・・うーむ、久しぶりである。これもある種の友情とナゴミ夫の心配性(?)だろうか。ありがとう。問われるだけ、心配してもらえるだけ、私もまだまだいけるらしいと希望を胸に心を新たにした。

  ・・・と、そんなことを思い出しながら、青空の下でマンハッタン・スカイライン(宮野弘紀デビューアルバム)を聴きながら、車を走らせる。
このごろ、宮野さん(ジャズギタリスト)のサイトにはお邪魔もせず、メールもせず、新春ライブの感想すら送らずにいる不義理な私。でもさー、きっと頻繁に連絡しなくても、繋がっているものは繋がっていて、どんなに密に連絡しても繋がってないものは、どんなにムリしたところで繋がらないんだろう・・・。
  宮野さんのお気に入りのジャムは今は手に入らないし、たった1~2年でなんとなく、変化もあるのね、というわけで、宮野さんの音楽を生で聴くチャンスがまためぐってくるのを心待ちにしているのであった・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント