なぜなら・・・

  僕は愚かな人類の子供だった

  このフレーズをこないだ、ブログを書いていたら思い出しました。

  ---僕は愚かな人類の子供だった---

  アトム何周年だったか、手塚治虫先生、生誕何周年かの記念に佐野元春が出したんですけど。わかんなくてファン失格ですけど。

 全人類の罪を自分の罪として受け入れる佐野元春。
それがポーズとかカッコつけとかじゃなく、自然なので余計にガーン!とくるわけですが、おおよそファンのみがしる作品で残念です。しかも私はCD-ROMのデジタル・アート・ピースを持っています。もうPCで開けないかと思っていましたが、開けました。おそらくファンクラブで買ったものと思われ、これがまた秀逸な作品で息の根も止まります。ホントです。

  今こそ、佐野元春の感性が必要なときですね。

僕は愚かな人類の子供だった
エピックレコードジャパン
1999-03-01
佐野元春

ユーザレビュー:
哲学者としての佐野元 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



幼い僕は泣いた
君が勇気を見せたとき
なぜなら僕には
勇気がなかったから

幼い僕は笑った
君が失敗したとき
なぜなら僕もよく失敗したから

幼い僕は怒った
君が闘いを挑むとき
なぜなら僕にも
理由がわかっていたから

幼い僕は空を駆けた
君が誰かを助けに行くとき
なぜなら君が
手招きをしたから

幼い僕はうれしかった
君が誰かに抱きしめられたとき
なぜなら僕も
誰かに抱きしめられたかったから

君は朝起きて
家族と食事をし
制服を着て学校に行った
君は恋をして
友達と遊び
無茶をして
大人から叱られた
まるで僕と同じように
まるで僕と同じように

一度 君が歩くときの
靴が擦れる音を真似たことがある
でも僕の靴は違う音がした

やがて君は英雄になった
君は愚かな人類のために犠牲を払い続けた
君はその愚かな人類の仲間入りをしたいと願った

僕にはどうすることもできなかった
そして君は
僕の英雄になった

幼い僕は残酷だった
君がアンドロイドと知るまでは
なぜなら僕には愛も正義もなかったから

君がいなくなったとき
幼い僕は泣いた
さびしかったからではなく
なぜなら僕は
愚かな人類の子供だったから

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック