ALL FLOWERS IN TIME で リラックス

 「今までの君はまちがいじゃない」
元春さんがそういうのでリラックス。

またたび小学校  まだらぶち年ちょび組 
         くろねこ・ぷぅ
画像

昨日は平日の水曜日。Week-Dayのど真ん中。
かねてからチケットを買って準備していた佐野元春コンサート
「ALL FLOWERS IN TIME」
元春さん 30周年の記念ライブです。

わたしはお正月休みをとってイタリア旅行へ行っていました。
いくらコツコツためたおこづかい  で
チケットを買ったり汽車の切符を買ったりするとは言え
こんな贅沢は良いのだろうかと月曜日まで悩んでいました。

それがどうしたことか  夜には気持が一変。
心の中では準備万端と整って行きました。

しかし、なにせ仕事を持っている身の上ゆえ、
平日のど真ん中に私用で早引きとは肩身が狭い。
コソコソと出かけて行きました。

北海道は折からの大雪。
悪いことに5:34PMの汽車は1時間30分かかるうえ、
4分ほど遅れ、札幌市内の除雪も進んでおらず完全な遅刻です。

会場にやっと着きトイレへ寄ると
曲は Complication Shake Down 
わたしのコンプリケーションもシェイク・ダウンしてくれ・・・
と思いながら会場に入っていくと
ライヴ必須の 99ブルースになりました。

おお、この曲に間に合ってよかった!!
と思いながら身を縮めて席へ。
通路側の席でしたので
今回は誰にもぶつからず、迷惑もかけず
最初からノリノリでしたよ、の体になりすましました。

一体、ライヴが始まってから何曲目だったんでしょうか?
誰か教えてください。

会場に入っていくと元春さんは
昨年、11月に見たときよりも更にすっきりと晴れ渡った表情に見えました。
白いライオンヘアもステキすぎて眩しい♡
彼はやっぱり 神の器 アマデウスです。
ロックな曲をガンガンとうたい、喉は?声は??
と心配いたしましたが、私ごときの心配は御無用
ノリノリです。

そして曲は「欲望」
これまで何度も何度も思ってきましたが
「欲望」は元春さんが天才であることを再確認した
素晴らしい曲&プロモーションビデオのひとつでした。

この曲を聴きながらかつて見た
カンボジアの真っ黒な夜空を思い出します。
完全なる深淵です。
あ、ムズカシイことを小学生なのに書いてしまいました。

「欲望」を歌いながら元春さんは輝いていました。
定番のサムデイやロックンロール・ナイト
ラテンな感じの観覧車の夜、
大好きなレイン・ガール・・・
やっぱり聞きたいアンジェリーナ
元春さんは最高に輝いていました。

わたしの愛の謎もといてほしいものだ・・・
そんな風に元春さんを熱く見つめながら
こないだのイタリアの神々を思い描き
元春さんがこれからもずっと元気で歌えるように祈りました。

失礼ながら驚いたことに
元春さんの声はダイジョウブみたいでした。
効いたのでしょうか??

元春さんは最後にみんなにメッセージを伝えました。
音楽がなくても生きていけるけど
音楽があったおかげでこんなに見る景色が広がった
(と言ったと思う)
そしてこれからも音楽を続けていくことを約束してくださいました。
わたくしたちもこれからもずっと信者です。

会場にはお子様もたくさんいらっしゃいましたが
わたしの母ほどの年齢の人もお見受けして
30年もずっとファンでいた人たちがずっと立って鑑賞してましたので
元春さんも「ダイジョウブ?」と言っていました。

内緒ですが30周年の記念ライブのファイナル東京公演の
抽選に遅ればせながら申し込んでしまいました。
いえ、これは休みの日で
しかもマイルがあるのでダイジョウブです。



この記事へのコメント

2011年01月20日 17:40
ずっと元気に歌うためのお願いならば とげぬき地蔵が適任な気がしました。
今回得た教訓は 端っこの席を狙え!でしょうなぁ~~
2011年01月21日 09:13
 とげぬき地蔵って音楽係り??いや、それって巣鴨にいるんでしたか?元春さんは東京生まれなのでとっくにとげぬきさんに頼んでいる・・・かも

ええ、端っこはいいですよ。通路の中央に立てば自分にスポットライトが当たっているかの錯覚にも陥れます

この記事へのトラックバック