総天然色

 3月でMRS(モトハル・レイディオ・ショー  )終了。


 23時からの番組はキツイ。
朝の再放送はなかなか聞けず、時々、車の中で「あ!火曜日、再放送!」で聞き逃したのを思い出す程度。
寄る年波のせいで録音も面倒でほとんど聞いていなかったのが正直なところ。


 今更ながら昨年最後の驚きニュースは大滝詠一さんの突然の訃報。

 
 NHKだと思う、ニュースで流れて「えっ  !?」 

 
 年末録画していた「佐野元春のBack to the Roots ~ビートの原点を探す旅20,000キロ」をやっと見ながら、失礼なことに『この人って泣くのかなぁ~・・・』と思ったわたし。

 余談だが、元春さんはこの番組で、(私が実際に現地で)見たことあると思われるニューヨークのかつて住んだパークアベニュー(だったと思う。すごいお家賃高そう)のビル(アパートメント?)を出発点に南米そしてアフリカへ旅に出た。素晴らしかった。


 番組を見てもわかるように、すごい感性で音楽を創っているのだし、当然、人が感じ得ない鋭い感覚を持っているはずなので他人の悲しみをわからない人でも、誰かに何かに同情しないわけでもないと思うんだけど、

わたしにとって「神の子  」な元春さんは、人の生き死にに関し、深いレベルで諒解していてこの地上でオロオロと我を失って涙を流すことはないんじゃないかなぁ?と思っていたのだった・・・



 車の中で始まったMRSは4回に渡って特集が放送されていた1回目を偶然。

 それが、すごい。



 ずいぶん、いろんな人がラジオで大滝さんの特集をしていたけど、元春さんのラジオは全然違った。部屋にあるのも車の中も私の機械はいつもと同じなのに音がぜんぜん違って流れてくるわけですよ。
 
 

 病中(インフル)を押し、車で出かけ、流れてきたラジオを聴いていたら、やったー!MRS(特集、最終回)。


 「僕は大滝さんのことで2度泣きました・・・」と元春さん。


途端、車中、涙で赤鼻のトナカイ(季節外れ)  。横道から出てきた車に鼻水たらしながら、涙で目を赤くして道を譲って見られたかな?と思ったけど、


 気づいたら「そんな黒いサングラス、イマドキ流行らないんじゃないの? コワイから!」と本屋に指摘されるのを掛け、マスクもしていたので、誰にも私の涙と鼻水には気づかれなかったと思われる。


画像



 せっかくキレイな涙を流しながら思い出しムカつき (-人-)  。


 



 こないだ演歌の番組で小林さんも熱く大滝さんを語っておった。


  バラカンさんも大好き、大滝詠一。





NIAGARA TRIANGLE vol.2
Sony Music Records Inc.

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NIAGARA TRIANGLE vol.2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2014年03月06日 17:17
リアルタイムでハッピーエンドを聴いていた世代です。
当時から彼等は抜きんでていたようです。

気持ちが音から伝わるのでしょうか。

ラジオは映像が無い分、想像力を刺激されるので、音楽を聴くのにその方が良い媒体ではないかと思っています。
2014年03月06日 23:13
快復おめでとう!!
病中のご褒美だったね~~

全然関係ないけど小林旭が信長でルリ子が若き日の濃姫と言うキャストでお芝居があるらしいです。
信長と濃姫の「若き日の」お話だそうです。
恐すぎるので見に行こうと思った自分が嫌です。
2014年03月07日 10:12
 ヤスさん、
わたしは大滝さんはナイアガラトライアングルから世代です。元春さんの若き頃の番組に出た秘蔵?音源が4回にわたってDJ大滝詠一で聞いたのですが、もーすごい教授っぷりでした。ロックの歴史?みたいのが。

はっぴいえんどもスゴイ大御所なしかもオレオレ的目立ちたがりの人がいないツワモノぞろいですものねー。音楽は昔のほうがイイな~。今もすごい人はいますが。
ラジオはイイですよね。ながらでも聞けるし、情報量が多くて無駄もなくて、ヤスさんの10代頃はラジオから流れる曲も刺激的だったでしょうね!


 まるおおさん
いや~、まだ燻ってるけど(咳とか)なんとか復活~!病中の一筋の光だったわ~(T-T)

その芝居の広告、わたしもなんかで見たよ。目を疑ったもん。こんなの行く人いるの?って。
そばにいたか・・・
旭川にくるの?高いの?こわいの??
miniko
2014年03月07日 12:15
これ見て、小林旭の昔の映画とかYouTubeで観ちゃった。すんごい、かっこいい。ハンサム。で、歌も歌える彼は、器用なんだね。
高倉健の、「不器用ですから。」発言は、小林旭さんと自分を比べたのかなー?でも、不器用で良かったね、健さん!って気がします。
いつだったか、飛行機で健さんの最近の映画を観ていたら、靴下の主がこの人誰?って、聞くから、「日本でいちばんかっこいい俳優さんだよ。」と、教えてあげたら、「え?彼はハンサムじゃないよ。」との返事。うーーーむ。健さんのかっこよさがわかんないなんて、残念。
2014年03月10日 13:38
 minikoさん、
あんたー、確かにアキラはズンドコでかっこいいけど、大滝さんが亡くなったことに反応してよ。

ところで、健さん、本当に自分で不器用ですからって言ったのかな?伝説一人歩きか?と訝しい今日この頃。
モトハルさんは雪村いずみさんと最近、曲を出しましたが、わたしは林真理子の「テネシーワルツ」という小説以来、アンチ・雪村なのよね。実は。

健さんの妻がチエミさんでよかったす。
旭さんはヒバリさんと結婚してたしね。
miniko
2014年03月11日 10:49
ごめん、ごめん、旭の若き日のあまりのハンサムっぷりにびっくりしちゃてさー。

去年の私はお隣の大火事で、新年が始まりましたが、今年は近しい人々の死のニュースに囲まれて始まっています。
みんな、新年から死に過ぎだから。ちょっとまって~~~って感じ。

大滝さんは若死にだったねー。残念、、、。私はナイアガラトライアングルからしか、知らないですが、作曲のテイストの良さは弟子の(?)伊藤銀次に受け継がれているように思います。笑っていいとものオープニングテーマソングは銀次だよ。

チエミさんは健さんに歌の手ほどきをしたらしいよ。でも、健さん自分らしく歌いたかったとのことで、下手でも自分流の歌い方に戻した。とのエピソードもあります。芸の道は厳しく、我思うゆえに我あり?みたいに、自分、自分の世界なのであるよ。あーあ。
2014年03月12日 18:52
 minikoさん、
我が家ではアキラは人気ありませんが、わたしは今も活躍してんだからエライよなと思うとる。

大滝さんはロックから歌謡曲、演歌まで素晴らしいけど、大滝さんがいなければ元春さんもいなかったというカンジでしょうか。銀次さんはイイトモもテーマは知ってたけど、むー。あんまりファンじゃないです。
芸にしてもなんにしても「わたしって天才」と自分が信じられるならそれでいいのかもって気も致します。がんばってください。
わたしは腹筋を鍛えます。
2014年03月18日 23:17
こんばんは。
ご訪問遅れました。
今日妹さんからも、コメントをいただきましたよ。ありがとうございました~!
大滝さんは早すぎましたね。
もっといい作品を残してほしかったです。
元春さんが泣くなんて想像できませんね。
2014年03月20日 19:22
 TAMOさん、
お忙しい中、いつもありがとうございますー。
TAMOさんはいつもマメだわ~!
妹までお邪魔し、なんちゅうか・・・

大滝さんは病気ではなかったようですし、ホント、びっくりです。リンゴを食べていてとか載ってたなぁ・・・元春さんの涙は男の子が泣くみたいな感じに見たら胸がキュンとすると思おー