ぽおらすたあ

あまりに久々。


 またたび小学校  なつめヒゲ年 二の腕が振袖組  くろねこ・ぷぅ



 --ポップ音楽でうっかりおじさん、おばさんになった我らもリラックス--

 
 10月11日。
チケットを持ち忘れて行った東京でのコンサート以来の天主?佐野元春さま+コヨーテバンド@Zepp Sapporo ライブを鑑賞いたしました。


 以前は誰のライブでもよほど嫌いじゃない限り参戦しておりましたのに、秋の深まりと共に、人生にも深まりと引きこもりが進み(?)若いおひとり様はヘーキだったけど、年取ったおひとりさまですと、見るものの涙をそそるかしら  と思ふこの頃、

 
 3連休、旅にでるべか?と思っていたのですが、チケットぴあでクリックポン  このたびのライブ参戦となりました。



 調べてみると3年ぶりのライブ  時間が空きすぎです。そして、わたしもライブでの立ち見が少々、苦痛に。


 イエ、体力はマラソンやヨガや登山で同じ年齢の一般女子には負けやしませんが、ロックとてもう、座ってじっくり聞きたいのココロ有。


 
 『うーむ、どうかなぁ~』


 会場内を見回しても、相当なおっさん、おばさんです。若作りの元JKだったわたしたちがなんとも哀愁をそそるではありませんか・・・


 
 元春さんを残念に思いたくないためにいつも始まる前は不安-のれなかったらどうしやう-そんなことはいらぬ心配でした。



 バンドのメンバーが現れ、音楽が会場に響き出し元春さんが踊り出てくると神の子どもは皆踊る 



 身も心も、目も耳もハート状態  そんな心配はどこ吹く風  



 元春さんの笑顔を一目見るや、天真爛漫な笑顔とはあのことです。心にたまった憂さがいっぺんに吹っ飛んでしまうではあーりませんか?どーしてでしょか??




 ナポレオンフィッシュと泳ぐ日で始まりました。


 ライブで初めて聴いたような(私が行ったライブの中で)・・・ 大好きなボヘミアン・グレーブヤード 



 “僕はどこへでも行けるさ、けれど僕はどこへも行けない”


 この歌詞の意味は一体、どんなことなのでしょうか?


 元春さんはこの曲をアルバム「フルーツ」に入ってる・・・とか言ってまつがっていました。たくさん作ると間違えてしまうんですね。





 先日、TVでヴィジターズ30周年の名盤特集をNHKで放送されたとき、恋の歌だと勘違いしていた「サンデー・モーニング・ブルー」はどんどん壊されていく人の心について「君がいなければ・・・」と歌っているのは、主人公の恋人ではなく、ジョン(もちろんレノン)。

 それを伊藤銀次が明かして・・ジョンが思い描いていたLove&Peace・・・君がいなければ叶えられない・・・というような思いをN.Y.で作った歌だったらしい。



 ぜんぜん、わかんなかった。


       汚れたベンチ
ストロベリーワイン ←(ビートルズのストロベリーフィールドのことを言ってるそうだ)
道端のサンディペーパー
小鳥たちもさびしそうさ
君がいなければ


 

 元春さんは恋の歌よりも、世界を思う人の歌を歌っていた 


 男らしいじゃないか 


 
 ヴィジターズの曲をもっと聞きたかったけど、New Ageを聞きたかったけど、かなわず。



 元春さんの歌の通りに生きるには 虹  をつかんだり、星  をつかんだりしなくちゃいけなくて忙しいです。


 ま、どっちもつかめませんが、


 ライブには小学5~6年生と思しき坊やもノリノリでした。なんとも頼もしい素晴らしい大人に成長していくことでせう。


 さて、わたくしはライブで久々にみそぎ清められ美しくなり申した (?)


 
 元春さんは終始、ノリノリで齢を重ねたファンの足腰を心配し面白いことも喋っており、コヨーテバンドは本当にコーラスもよくそこを点いているそうですが、今までの古田さんやKyOnさん、松たかこの旦那、佐橋氏、ベースのトミーのいるホーボーキングバンド最高!と思っておりましたが、これまたどっこい、素晴らしい演奏でした。




 追伸: 佐野元春に加え、この頃のわたくしの男性の好みは村上春樹が降格して、山中教授となりました(笑)


 父にばかにされてます 
 

BACK TO THE STREET
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20
佐野元春

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BACK TO THE STREET の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • らいむ

    歌詞のこめられた真意は
    作った人にしか分からないものですね。
    色々な歌を聴いても、意味の掴めない歌詞のこと
    有りましたもの。
    私は、体力の限界を感じてライブへ行くのは32で引退
    しましたが、同級生から色々なライブへのお誘いは
    年に何度かあって、今年はサザンとユーミンを
    声かけられましたが断りました(^-^;
    翌日、疲労と筋肉痛で動けなくなりますのよ(汗)
    2014年10月15日 13:46
  • ヤス

    イヤ~、カッコイイですね~。
    ロックスピリットに溢れています。
    やる方も聞く方も、年齢なんか関係ない。
    2014年10月16日 08:36
  • miniko

    >元JKだったわたしたち

    JKって何?

    >山中教授

    って、誰?

    私が最近行ったライブはもう、2年前位になるのかなー?Cibo Mattoのライブ。近所のライブハウスでやってて~~。Cibo Mattoは、本田ゆかさんと羽鳥美保さんのバンドで、ショーンレノンさんが、そのバンドでギターを弾いていたんですが、ショーンと本田ゆかさんはカップルだったんですが、壊れて、その後しばらくCibo Mattoのライブは無かったんです、で、私が見たライブは久々の復活ライブみたいなのだったのですが、ショーンレノンさん、新しい彼女とデユオを組んでて、前座で登場。で、その後、Cibo Mattoのバックでギターを弾いてました。ジュリアンはどうしているんだろうね?

    今週のニューヨーカー(雑誌)に村上春樹氏の短編小説"SCHEHERAZADE"が載っています。最新でしょうか?
    2014年10月16日 10:39
  • くろねこ・ぷぅ

     らいむさん、
    元春さんの歌詞は深いです。で、ラジオで言ってたんですけど、ファンからもらう手紙や詩について「佐野さんのファンからの内容はみんな内容が濃いですね?」というようなことを言われたとき「うん、そうなんだ。ぜんぜんわからない」と言ってました。大爆笑。

    ユーミン、サザン、と大御所ばかり~。
    もったいないような気がしますが、見なくても良いような気も致しますわたくしです(笑)


     ヤスさん、
    元春さんのソウルがヤスさんにも伝わって嬉しいです~。
    元春さんは永遠の少年。春樹さんの場合はエッセイで少年であることを云々書いてたりしますが、元春さんは超越してます!


     minikoさん、
    JKは女子高校生♡ 山中教授はips細胞でノーベル賞を取った京大の教授です。端正な僧侶みたいなお顔立ちと関西弁がたまらないわ♡

    ショーンレノンさんは音楽的にどーなんでしょうか?ジュリアンさんはどうしてるんでしょうか?ヤスさんならごぞんぢですかー?

    シェヘラザードは最新の短編集「女のいない男たち」に載っています。昨日、チェックしました。
    まだ読んでないんですよ、買ったのに・・・

    昨日、チェックした。
    2014年10月17日 13:49
  • ヤス

    ジョンのお子さん達の事は、良く分かりません。
    彼等の音楽も聴いたことないかな~。
    スイマセン。
    60年代後期から70年代前期のあたりの音楽のオタクのジジイなもので、悪しからず。
    あっ、もっと古いブルースも好きです。
    2014年10月17日 18:27
  • まるおお

    若作りのJK…
    若作りのジュンコ・コシノ?

    私もライブは座って見たいし 
    立ち飲み屋に憧れるも出来れば酒場も椅子があるところがベストだと思います。

    う~~む おばあちゃん。。。。
    2014年10月19日 14:04
  • miniko

    今、ベルリンです。NYからの飛行機のなか、シェヘラザード、読みました。英文ながら、日本語の春樹節で読み進めることが出来ました。
    感想を書いちゃうとくろねこさん、まだ読んでないのに~~~、だから、書きませんが、くろねこさん読み終わったら、感想交換しましょうねーーー!
    2014年10月20日 09:22
  • くろねこ・ぷぅ

     ヤスさん、
    そーですかー。ジュリアンさんはむかーし、MTVか何かで見ましたが、ちゃんとミュージシャンな認識。ショーンさんはちょっと前、軽自動車かなにかのCMに出てましたよねぇ・・・タイプじゃないww
    ヤスさんの青春時代の音楽は今よりずっといいように思えます。わたしのブルースは淡谷先生から始まりました♡ 窓を開けたら港が見えるよ!


     まるおおさん、
    ひゃ~久しぶり~。あなたがこないとしまらないわ~!
    コシノ姉妹の中じゃ、ジュンコが断然好きかも♡
    彼女らがセーラー服着てたらインパクトあるよね。仮装行列かと思うわ。
    ライブだからと言っていちいち立たなくてもいいんじゃないかと思うんですが、それじゃないとファンの魂が表せないのかな??
    逆に演歌の時、立ちたい(笑)。
    ライブも立ち飲み屋も足腰が丈夫じゃないとダメ?今後のためにスクワットDe立ち飲み屋とかは?


     minikoさん、
    春樹の短編、いつ頃になるかなぁ。手を付けるの。
    消費税増税前に本をたくさん買ったのと、次々、図書館から借りてきて、何をむさぼっているのかなカンジです。
    ベルリンかー。暗いイメージだな。西になるとソーセージだが、
    2014年10月22日 09:19
  • miniko

    ベルリンから汽車で、って、内地の人は電車って言うのか?とにかく、トレインで、フランクフルトに移動し、ダン蔵はフランクフルトで講義をし、今朝、フランクフルトからマンハイムへ移動。駅でソーセージ食べました!うまい!
    車窓からの景色が美しかったです。明後日はマンハイムからハンブルグへ移動。長距離なんで、車窓からの景色を観るのが楽しみです。
    2014年10月25日 06:10
  • くろねこ・ぷぅ

     minikoさん、ヨーロッパの鉄道駅はどこもキレイだよね~。
    それはもう「世界の車窓から」な世界。
    汽車はイイヨネ~。メープル街道を汽車通、してみたい。
    2014年10月27日 16:32