ねこのみち。

アクセスカウンタ

zoom RSS この曲を知ってる人は心の中で(と心臓を指さし)歌ってね

<<   作成日時 : 2018/11/29 11:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

  目覚めると喉がイガイガ・・・カラカラ・・・



 風邪???と思った月曜の朝、



 『そうだ昨日はコンサートだったんだー』


 というわけで、11月25日は佐野元春をZepp Sapporoで。


 ファンクラブをやめてから、末席を温めていたわたしですが、こんな後ろはイヤだ!ということで、ファンクラブに再入会。それが理由か端っこだったけど、最前列という好条件〜♡ この頃、進んでる老眼だけど最前列でも合わない涼しげな瞳までバッチリ見える。



 「楽しい夜にしよう!」と発したとたん「カッコイー  」と初心者的反応のわたくし。
前回のツアー辺りから髪を短くした元春さんですが、髪のみならず身体もすっかりシェイプアップされており、まさに「変わらないものは何も変えられない」のである。まあ、別に今のままでイイと思っている方はそのままでどうぞ。 


 封印したと思われていたインディヴィジュアリストも演奏され、そう、その調子だぜ!



 ライブの様子を絵日記にしたいのだが、時間がなくてですね・・・
画像



 FaceBOOK(自身の登録なしだけど)からコピペしたアンジェリーナなギターと元春さん↓
画像


 デビューの頃からの赤いギターなんでしょうか?ギターのボディの塗装が剥げて材質が見えてる辺りがものすごくグッときます(笑)


 
 これでもかー↓とばかりに貼り付ける。
画像



 「じゃあ、こいつだ!」とアンコールの後半に歌ったのが「約束の橋」


 今までの君は間違えじゃないに違いない。


 でも・・・


 ときどき、うーん、でもまつがってる人もいるかも?と思う(笑)。自分も含めて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
元春、かっこいいね〜〜!

今までの君は間違えじゃない!
って、彼は無責任に歌い放ってるけど、そう言われると、励まされてるなあ。

miniko
2018/11/29 12:25
ライブっていいですね。
私はしばらく行っていないし、やってもいない(誰も望んでいないのでやらせてもらってない)のですが、パワーをもらえますよね。
確かに長年使い込んだストラトキャスター、カッコイイ。
ヤス
2018/11/30 08:48
こちらに立ち寄ってからHOBO KING BANDをU-TUBEで見ましたが、アコーディオンでTHE BANDのガースハドソンさんが入っているのを見てぶったまげました。
ヤス
2018/11/30 13:13
 minikoさん、
わたし、今の元春を見て、ちょっと前の元春の映像をみたら「うそ?!今の方が若い!」と思う。変わらないものは何も変えられないから変わっていく元春!ですね。
元春は自分の作った曲も聞いた人たちのものになっていくと言ってるし、自分も精進してどんどん進化してるから無責任じゃないな。


 ヤスさん、
ヤスさんも再びロック熱をさいねんさせてください〜〜〜。
元春さんはいつもこの赤いのでアンジェリーナです。ニューヨークから流れてきたさびしげなエンジェルです。元春さんはわたしみたい土臭さがない都会派です。
ギターを見ただけでどれかなにかわかるってカッコいいです。

ヤスさんがご覧になったHobo King Bandはわたしの元彼(笑)がギターをやっててそのテクニックにのけぞるほどです。
たぶん、ご覧になったのはTHE BARNのツアーか何かだと思うんですが、このアルバムはロックの聖地?でしょうか、ウッドストックで作った?と思うのですが、ジョン・サイモンという人がプロデユースしてます。近所に住んでるガースさんが参加したみたいです。近所のよしみで。
サイモンと言えばわたしにはポールしかわかりませんが、アメリカのロックもあちこちしかわからず残念なわたしです。
最近でもまたサイモンさんと一緒に仕事してると思いますし、ニューヨークにもちょこちょこ元春さんは訪れているので一度、偶然、会ってみたいものです♡ 声はかけられませんが。
くろねこ・ぷぅ
2018/12/01 09:32
度々お邪魔します。
佐野さんのこのギターは恐らく70年代のもので、赤はレアカラーです。
カスタムか、特注か自分で塗装したか。
ジョン・サイモンさんは、THE BANDのレコードに深く関わった人で、レコーディングテクニックは彼が伝授したそうです。
THE BANDに入りたかったようですがキーボードはすでにガースさんとリチャードさんがいたので断られたとか。
そういえばやはりBANDに入りたかったエリック・クラプトンは、BANDの最後のアルバム(日本では未発売)でギターを弾いています。
THE BANDオタクなので長々と失礼致しました。
ヤス
2018/12/01 15:16
私もギターを買って、塗装が剥げるくらい練習して、歌いながら弾きたい。でも、長続きしないからなーーー。ギター買っても新品のまま、部屋のオブジェになってそう。。。
ダン蔵にいつ買うの?と、聞かれる今日この頃。minikoは何も長続きしないから、買う前に諦めたの?とまで言われる始末。
自分の中ではパンク調の作詞も出来ている。作曲ができない。
miniko
2018/12/03 10:52
ヤスさん、
70年代のものということは佐野元春デビュー前からのものということになります。元春さんはデビュー当時は松田聖子と同期'80年です(笑)。
元春さんのバンドのギターの人は皆、すごい山のようにギターをそろえてる模様。なので、ライブ映像もそちらの楽しみはありますよー。

じょんさん、入りたいバンドに参加できないとは無念でしたね〜。The Bandの名前はバラカンさんのラジオで耳にしてますが、バンドやらヴァン・モリソンやらバラカンさんのラジオで紹介されるアーティスト名で混乱してます。
クラプトンといえば、彼は生きてるのに自分の映画を作って東京ではもう上映されてるのでは???
わたしはジョージの奥さんを奪った(?)というので、クラプトンさんはもうダメですね〜(笑)
旭川では上映されてもすぐ終わってしまうでしょうねぇ・・・


 minikoさん、
ギターの前にまず歌だよ!お金かからないし、あんたカラオケでもそんなにうまくなかったから(笑)!
でも詩もできてるならやっぱりリードヴォーカルじゃない?
パフォーマンスで生きるのもイイかも。草間のように(笑)
くろねこ・ぷぅ
2018/12/06 10:01
キョンキョンはさー、作詞してたよねー。有能な音楽家が周りにいてさー。あれは、良かった。
でも、やっぱさー、バンドやるなら楽器出来て作曲出来なきゃ、強さが足りないと思うの。矢沢永吉なんかさー、まるで自分で書いたような歌詞で実は、彼は詩人ではなく、作曲家なんだよね。あんなに熱く語ってる(よく喋る)人が、詩をかけないなんて驚きだけど、彼を100%理解して、彼に詩を提供する人がいるってのもすごいよね。
元春も、長渕も中島みゆきも原田真二も素晴らしい作曲家じゃん?彼らは詩も書けてさらにすごい。
歌詞は詩じゃないって言う人もいるけど、歌詞は私は詩だと思う。
チャラは作詞も作曲もするけど歌の下手さが気持ち悪い。
CDだけ聴いてた時は大好きだったんだけど、ライブは無理だと思った。
miniko
2018/12/07 10:19
 minikoさん、
キョンキョンは作詞してたかどうかもしらんが、それをいうならアイドルはけっこう作詞してるのでは?
バンドの花はギターですね。詩と曲と一体になって人の心を揺さぶるのが歌ですね。この頃の日本の曲は詩というよりも作文って気が。ラップが流行って余計に作文になったな。
でも、洋楽聴いてると「あれ?これって〜?」と誰かの曲とそっくりだったりするから、ヒット曲を生み出すって大変ですね。
チャラってほんとに変ちくりんだった(札幌で見たとき)。吐きそうだった(笑)
くろねこ・ぷぅ
2018/12/10 15:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
この曲を知ってる人は心の中で(と心臓を指さし)歌ってね ねこのみち。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる