金閣寺も燃えた、修復をつづけてるのはサグラダ・ファミリアだけじゃないわけだ、

 ノートルダムが・・・

画像

 
 各界から悲痛な嘆きの声が寄せられていると言いますが、わたしも若干、驚きました。


 喪失感とか嘆きとか、そんなに簡単に感じるか?と思いますが(女優とかが燃えたニュースで朝から何も手に着かないとか・・・嘘だべ?)


 1度しか行ってないパリですが、滞在中、毎朝、通った。


 アルバムを開いたら・・・もともとキレイな画像ではなかったけど、あまりの薄ボケた色にびっくり。


 納得の20+α年です。

画像



 このページの左端に写る建物はコンシェルジュリーで、マリーアントワネットが最後に幽閉されていた場所だと思うのですが、巨大な建物なので、全貌は写せない。




 
画像

 

  この時、わたし、教会内で撮りまくった写真の中にびみょう~なものが含まれており、それは昔、そこにいた尼僧だということだった。


 あまりの不思議さに当時、放送されていたお昼の番組に霊感姉妹が霊視するコーナーに送って声だけ出演し(電話をつないで)鑑定してもらったので、きっと違いないでしょう。


   わたしがこの度、残念に思うのは前世で何度かフランス人だったからで、おそらく教会には世話になったからです  フランス人やポルトガル人であっても自分的にはドイツ人やイタリア人ではないと思う。同盟に属さない的な、何か(怖)。


 でも、ノートルダムはパリより先にモントリオールを訪れておる。あそこはキレイなんだよ、青くて。

画像



 これらを見て、やっぱり本も写真も紙の方が扱いやすいねと思う。


この記事へのコメント

miniko
2019年04月17日 12:16
今日夕方、あなたもご存知のフィアットカフェを訪れ、アンマリーに、なんで火事~?って、聞いたら、修復中の工事中の事故が家事につながったとのことで、
あー、テロでなくて良かったねー!と言ったら、彼女もそーでしょー、そうー思うでしょー!私もそう思って、事故だからって、テロで燃えたんじゃなくて、良かったって言ったら、お客さんから、燃えちゃって亡くなったんだから、原因なんてどうでもいい!燃えたものは燃えた!なくなった!あんた、何言ってんの?って、すごい怒られちゃって、って。言ってた。で、彼女は頭の悪いウエートレス扱いされたと、悲しんでいたんだけど、
でも、私はワインでアンマリーはビールで、
2人で、でも、テロでなくて良かったよねー。って、乾杯しました。
2019年04月20日 11:44
 minikoさん、
わたしは勝手にタバコのポイ捨てだと思ってました。いや、思っている?なんか、工事現場の仕事がキツくて「燃えたら仕事から解放される!」的な短絡的な事件みたい、そんなカンジ。
ああ、またノートルダムに行きたいと思っていたのに。
こちらは石炭の歴史村の鉱道(坑道が正しいような気もするが)が燃えてる・・・石炭が詰まっているから消えない。燃え尽きるまで。補修工事で溶接してたらしい。わたしはワカル。小さい鉄の塊が火花となって飛ぶ。スパッタと呼ぶやつがポロポロとな。取引先でもボヤ騒ぎ。ほんと火事はこわいです。
2019年04月20日 15:32
歴史的な建築物が燃えてしまったのは残念ですが。
世界中にニュースが広まって、多額の寄付金が集まっているそうですね。
それが悪いとは思いませんが、そのお金をもっと困っている処に回せたらと、個人的には考えてしまいました。
2019年04月23日 10:49
ヤスさん、
世界の話題になればこんなにも集まるってびっくり。お金持ちな方が多額を投じたのかもしれませんが小さいコインの集合でもあるのでしょう。
税金ではないので、払った人々にとってはYES!な使い方だったのでしょうねぇ。
寄付は寺院の関係者が募ったのでしたっけ?
わたしはなけなしの給料から毎月、細々と寄付してるんですが、本当に困った人に言ってるかどうかはナゾだったりしますねー。
ある人のインドへ行った時の寄付の話を本で読んだとき貧しい人に渡らず、役人がポッケしてしまった、でも彼らに「私たちもとても困っている」と言われ、それもそうかもしれないと思った、というのを読んだこともあり難しい。
SNSが発達した時代の寄付の額とも?
miniko
2019年04月23日 11:15
私は、当然、修復するものと思っていて、誰がメインの建築家として、この修復を動かすのかが気になっていました。サグラダファミリアは(修復ではなく)ガウデイ亡き後、未完の建築が進められておりますが、(まあ、修復しながら)ガウデイのそれとは全く違う出来なので、やらなかった方が良かったかも。と、思っておりまして、この、修復に関しては、この後、直して、この建物がどう言った風になってしまうのだろうと思っていましたら、先日、ダン蔵にインタビューに来てた、知性派(?)女性が、こんなに集まった寄付に憤慨しておりまして、彼女から、こんなに集まったお金をもっと困っている人に回せ運動が始まっている。と、聞きました。アンマリーは、寄付がバチカンから出てないと、憤慨してた。ポープ、フランシスは悪い人か?と、問えば、ポープのせいではなく、お役所主義のせい。と、言ってました。バチカンの予算がこの修復をリードして、集まった寄付金はもっと困った人たちに渡せたら、一件落着なのかなあ。
2019年05月10日 11:06
 minikoさん、
ちょっと前にサグラダファミリアの日本人の建築家の人の特集見たけど、ガウディの気持ちになってやってる的なカンジでしゃべってたよ。ほぼ鵜呑みで見てたけどの。ニューヨークでも建設真っ最中の教会行ったじゃないですかー。だからどうってことでもないですが。
でもさー、寄付はお金の持ってる人の税金対策だとしたら、困ってる人のためじゃなく、自分のために自分が納得した使い道をしたいと思ったら、きっとそれが彼らの使い道なんだよ。お金を持ちすぎて困ってます(笑)、的な?
困ってる人の定義も難しい。オレにくれと考えたとき、理由のないお金をもらっても困るとも思う。時間がたちすぎて雑なコメントであります。