山にいて、海にあこがれる

 今日はロンドンにあるウォータールー駅について話したいと思う。 ・・・ユーロスターがイギリスとユーラシア大陸をつないだ時できた駅?(チガウ、もっと前からある)。  1990年代、ユーロスターという乗り物はとても新しく画期的な響きを持って登場した!と思う。 ユーロスターすげぇ♡って感じだったが、私も20代の終わりにオランダからパリまでユーロスター(?あれ)に乗った(海…

続きを読む

Comment (2)

やっぱ読書は紙ですか、

 自粛生活でも、それほど滅入ってはいないと思っているが、どうだろう。  この自粛で困っているのは、 美容室に行けない(札幌)ことや、春になったというのに春らしい服装を楽しめない。残念すぎる。 オンラインで見る映画にも取り組みたいところ、我が家では両親がテレビ優先権を握ってプライムビデオってどうやってやるの??と不明。しかも日曜は父の囲碁、平日の夜は母の演歌で両親がい…

続きを読む

Comment (2)

4月に雪が降っても不思議はない

 いつか東京を訪れた日は私の誕生日を前後していたと思っていたら、  3月の終わりだったようです。 2014年のことです!!!  もう6年も前だなんて      今季は新年早々、東京では早い桜が咲いていたそうですね。いや~、東京も全然、行ってないー。  そんな桜も見られずに週末は雪が降ったとか。首都圏の雪は本当にお気の毒に…

続きを読む

Comment (4)

醜いあの子もぐっと魅力的になる氷の世界に住んでます(温暖化進行中)。

窓の外ではリンゴ売り~ 声をからしてリンゴ売り~ ♪  陽水さん、このお顔がイイよね~♡ この動画を↓「りんごうり~、りんごうり~」と絶叫してるのを見、「ヨシ◎」と心に決めてライブに臨んだ(拳にぎる)。  リンゴ売りの歌など歌っているとは知らなかった。だって彼は復活したジーザスのような存在でもある、心の中で故人と決めていたからである。7歳とか10歳で部屋にいとこ…

続きを読む

Comment (4)

バブルの時代の匂いがした

 断り続けるのもかわいそうで、お人好しなわたしは行ってきました。  葉加瀬太郎コンサート。 えーと・・・バイオリンの音が素晴らしく良い!ってことは(おそらく演奏も楽器のすばらしさに見合うだけの技術と才能があるのでしょう)わかりました。  音楽に国境もジャンルも関係ない。  エーと、クラッシックでもない、アイドルでもない、ましてやお笑いでもない。 …

続きを読む

Comment (5)

ハッとしてGood

  前回、絵日記↓を添付し忘れたので、引き続き話題はとしちゃんでお願いします。  ライブで聞きたかった曲のもうひとつは ”悲しみ2(TOO)ヤング”  永年のファンにとっても大事な曲なのか、イントロが始まったとたん条件反射的に ♪こんな~はずじゃあ~なかったよね~あの夏の約束は~♪ と皆が合唱して、まるでお経か君が代です(笑)。  この曲、としちゃんが一人二役で…

続きを読む

Comment (6)

言葉にすれば嘘に染まる

 私の記憶に誤りがなければ、  ・・・ヒップホップで日本の音楽シーンを席巻した気のする久保田利伸氏が自らシンガーとしてデビューを決心したのは、自身が作った It's BAD のパフォーマンスが「こんなんじゃない!」とびっくりするほどヒドかったからだったと思う。      ひや~~~!!!おりゃあああああ~~~~~~~~~~!!!  す…

続きを読む

Comment (4)

iyayiraykere

  「暑い夏が大好き、いくら暑くてもイイ!」・・・という輩がおりますが、わたしはダメ。    正直言って寒くて日の照らない夏のしっとりした天気、悪くない。  齢50を過ぎ、孔子なら悟ってて信長なら本能寺で火の中で舞ってる頃に至り、やっとわかったその理由。  「釧路生まれ」 そう、霧の街、釧路。日照不足で脚気が心配されるような天気の中で育ったからだわー。やっとわかった…

続きを読む

Comment (9)

目指すはおさびし山。

 ともかく、異常気象です。  平日の、しかも月曜日だけど午後7時から開演の館野泉とフィンランディア室内管弦楽団のチケットを購入しておりました。  氏の若かりし頃は全然知らなかったけど、有名なピアニストである舘野泉は脳梗塞で倒れ現在は片手でピアノを演奏して世界各国で演奏しているお人。  今年、フィンランドとの国交100年で、  エーと、館野氏はフィンランドに住ん…

続きを読む

Comment (2)

一番好きなのはほわいるまいぎたーじぇんとりーうぃーぷす(ビートルズで)です。

自分で書いたレビューを読み返して泣けて、手前味噌でございます  フレディ・マーキュリーと私ロッキングオン ジム ハットン Amazonアソシエイト  世界的に映画がヒットして、まるでなんにも知らない若者と(たぶん)おんなじような気持ちでQueenの曲にやられており、本まで読んで、動画も見て、  そして、わかった {%電球webr…

続きを読む

Comment (5)

この曲を知ってる人は心の中で(と心臓を指さし)歌ってね

  目覚めると喉がイガイガ・・・カラカラ・・・  風邪???と思った月曜の朝、  『そうだ昨日はコンサートだったんだー』  というわけで、11月25日は佐野元春をZepp Sapporoで。  ファンクラブをやめてから、末席を温めていたわたしですが、こんな後ろはイヤだ!ということで、ファンクラブに再入会。それが理由か端っこだったけど、最前列という好…

続きを読む

Comment (9)

Bornのあとには前置詞のToをつけるとおしえてくれたフレディ

 わたくしはあなたを愛するために生まれました・・・I was Born to Love You!!  ぼーつぅ~らぶゆ~、 ぼーつぅ~らぶゆ~、 ぼーつぅ~らぶゆ~、 ぼーつぅ~らぶゆ~・・・   あれは昔・・・カラオケボックスでのこと。  若くてなまらハンサムな英会話講師がひとりで「Bohemian Lahpsody」を謳…

続きを読む

Comment (12)

こだまは かえるよ

 最近のおばちゃんたちはどんな服装が流行なのかぴらん   こんな↓女性を見かけると  素晴らしいと思う    こんな人々を見ると↓  時代遅れの男になりたひぃ~♪と歌いたくなるww  年が変わっても引きずってますが、えーちゃん♡ …

続きを読む

Comment (4)

フろイデ! フろイデ!

フろぉぉぉ~イデ!シェーネる ゲッテるフンケン トホテる アウス エリーズィウム!!  おお、友よ、こんなんじゃねぇ、もっとすっげーイイ感じで歌おうぜ~~~ぇぇぇ~♪  な、  『そうだ、第九へ行こう!』 25才(だったと思う)の時、東京の文化村のホールで、当時すごく有名らしかった指揮者 鈴木一郎・・・かと思ったけど、調べてみたら「山田一雄(故人…

続きを読む

Comment (5)

巡礼にもそれぞれの道がある

 (もはや過去の記録となりますが) 永ちゃんへの道は嵐の嵐に巻き込まれながらの苦難に満ちた巡礼の・・・    もはや面白がってる+やってらんねー的、駅員が駅員の醍醐味でぎゅーぎゅー押し込みの巻↓  わたしもムンクの叫びをあげる。  いつかみた「叫び」(本物)の一つはこちら ⇒「にゅーよーくでムンク」 すし詰めの電車にゴジラがぼーっ  と…

続きを読む

Comment (6)

は~ぁ どっこい!

  泣いたら だめだめ わらっちゃお!  ・・・という歌詞があったよな、、朝ドラのおかげで 苦しいこともあるだろさ・・・泣くのは嫌だよ 笑っちゃお!ススメー!って、  いやいや、チガウから・・・いいな、いいな、人間ていいな・・・ いや、そうじゃない。  負けたらあかん、負けたらあかんで東京に・・・まさしく天童よしみ・・・  というわけで、両親ととも…

続きを読む

Comment (2)

忘れ物はかなりの確率でみつかるのに

 鈴を買いに近くの神社へ   しゃらん、しゃらん・・・    わたしのスマホにはストラップをつける穴があったので、ずいぶん前に縁結びで有名な東京大神宮で幸せを願って買った鈴をつけていましたが、紐がちぎれてしまいました(縁起悪?)ハハハ。  しかしながら鈴をつけるのは縁を呼ぶためではなく、忘れ物+失くしもの防止のためです。    こうやって鈴をつ…

続きを読む

Comment (5)

どっこいしょー、どっこいしょ~

 古い話だけど、短大に入学直後の部活やサークル紹介のオリエンテーション。  この世にこのような種類の活動に精を出す人もいるのか!?・・・わたしの中には全くない選択肢であったのは踊り系。あーそれそれ。  社交ダンス部はすんごい宝塚な衣装と燕尾服のすらりとした男性が踊る! 女子(短)大ですからダンスのお相手は必然的にお隣の北海道で一番高い偏差値の大学生男子がほとんどなの…

続きを読む

Comment (4)

自由に跳ねまわる魔法の音符たち

 夏の夜の偉大なる即興演奏よ! おれもともに奏でよう。  パフォーマンスにおける元春さんの音楽に耳を閉じて目を凝らすとたとえば↑こんな陶酔の詩情が漂っている。  さまざまなライブでの彼を思い返すと水中で音がさえぎられたような感じで彼の陶酔の表情を思い出す・・・    こないだOさんとチャーの演奏を座席で待っていたら  「あ~、なんか会場が落…

続きを読む

Comment (2)

おかわり!!

 北の果てにも人生があり  南の果てにも歴史がある    Char に歴史あり。  40周年!!  しばらくチャーのライヴに行ってなかったけど、あれから5年!?あれから10年!?        クラッシック、ジャズ、ポップ、フォーク・・・・音楽は良いけど  ロックはイイね!    これって…

続きを読む

Comment (4)

愛していると言ってくれ

今朝見た夢。    少女漫画を読んでいる。主人公はあまちゃん・のーねんちゃんと俳優・トヨエツである。  マンガなのにドラマを見てるような立体感ながら、ちゃんと紙のページをめくっている。  仕事で営業に出かける二人。のーねんちゃんは頭は古い映画で女が外出時に被るような帽子と身体にフィットしたフトモモ丈のチュニック?に裾から薄いオレンジ色のスカートが短…

続きを読む

Comment (10)

いつかできることはすべて今日もできる

Ombra mai fu' ぼーっと運転している間に流れていたらしい、この短い曲は終わっていた。  働き始めてから習っていたピアノの先生を思い出す。   当時、彼女は30歳前後。初対面から厳しくも信頼できる予感があった。 楽器を所有しておらず、母校のピアノ室に勝手に出入りしたり、30分レンタルしたりしてそれなりに練習をし、レッスンに備えてい…

続きを読む

Comment (7)

雲の涙を集めて

  ホテルを出てどんどん・・・たぶん北?に下っていくと   海・・・ならぬ川が見えてくる。これ、ハドソン川。      ・・・・海に見えるが海じゃない  これだもの、これだもの・・・・   青い空にはお月様がうっすら。画像大きくしてみると見えると思うんですが、      …

続きを読む

Comment (4)

天は自ら助くるものを助く

 「左手のクラッシックピアノ音楽でリラックス」         またたび小学校  なつめヒゲ年 二の腕がゆらゆら組  くろねこ・ぷぅ  芸術の秋、10月11日の元春さまライブに引き続き、地元の小さなホールでクラッシックピアノのコンサートへ。  知る人ぞ、知る。  左手のピアニスト 館野 泉氏のコンサートです。  どういう事情か知らないでおりま…

続きを読む

Comment (4)

ぽおらすたあ

あまりに久々。  またたび小学校  なつめヒゲ年 二の腕が振袖組  くろねこ・ぷぅ  --ポップ音楽でうっかりおじさん、おばさんになった我らもリラックス--    10月11日。 チケットを持ち忘れて行った東京でのコンサート以来の天主?佐野元春さま+コヨーテバンド@Zepp Sapporo ライブを鑑賞いたしました。  以前は誰のライブでもよほど嫌…

続きを読む

Comment (10)

危険なふとり

念仏を唱えたり古い流行歌を頭の中でローテーションしながら走る。  脳内ウォークマンを駆使するも、新しい曲が出てこないのが特徴(?)。   ♪ 片手にピストル、心に花束・・・  唇に火の酒、背中に人生を~        こないだ(心の中で)、歌った曲は沢田研二の「サムライ」。 …

続きを読む

Comment (6)

先手失笑

  昨夜、久しぶりにコレ↓をかけたら、 冬の十字架Swim Records 1999-09-22 忌野清志郎 Little Screaming Revue Amazonアソシエイト by   ノリのイイこの曲が流れてきて・・・  うむ     ちょっと暗い友人がおり。わたしも別にうまくやってる人じゃないけど、 …

続きを読む

Comment (5)

トクベツ

     ♪ 雪は雪 白い雪      白は白 変わらない      心から君が愛しい 愛しい      ごらん世界は美しい      風は風 青い風       空は空 変わらない      心から君が愛…

続きを読む

Comment (9)

総天然色

 3月でMRS(モトハル・レイディオ・ショー  )終了。  23時からの番組はキツイ。 朝の再放送はなかなか聞けず、時々、車の中で「あ!火曜日、再放送!」で聞き逃したのを思い出す程度。 寄る年波のせいで録音も面倒でほとんど聞いていなかったのが正直なところ。  今更ながら昨年最後の驚きニュースは大滝詠一さんの突然の訃報。    NHKだと思う、…

続きを読む

Comment (9)