異見を求める相手がほぼ父しかいないわ

読書の記録をつけていたら長く(感想が)なってしまった。ので、記録しなかった部分をここに残そうかと。せっかくなんで、    昨年だったと思うのだけれど、ラジオの聞き逃しサービスで大岡昇平の「野火」についての放送を聞き、ついでそれを読んだ。戦争でフィリピンのレイテ島での終戦間近の史実を交えた小説です。  日本兵同士、お互いが「食べ物」に見えてくる・・という話です。…

続きを読む

Comment (2)

恋愛は小説も実践も若い時に

 ジムや映画、友人たちとのご飯にライブ鑑賞。マラソン大会、登山や旅行。そして、買い物や美容室にちょっと札幌まで・・・  ・・・これらのことができないから!興奮して購入した。でも、全然進まない読書。  図書館も閉館中、2月から買った本、  放送大学の講義用  薄い知識でこんな作家、(´・ω・`)知らんがな。 心変わり (1977年) (河出海外小説選〈7〉)…

続きを読む

Comment (4)

しょうがない。酒でも飲むか、

  コロナウイルスの発生で我が家はいち早く外出禁止令が。北海道知事のお布令はそのあと。  母の通うカーブスではコロナに関する休会には会費返金の措置。 しかし、わたしの通うコナミでは19日までの休館。あくまで会費は返さない措置の模様。コロナは健康のみならず人々の経済活動を脅かして居る。フリーランスの方々は悲鳴を上げていると取り上げられていたが、それはー???と  ウチの父は自…

続きを読む

Comment (6)

かわいい声の人ってずるいー

頭の中では皆様に(3~4人かなぁ(笑))メッセージを送っているのですが、私のココロ、届いているでしょうか   思っただけでメッセージが伝わる。便利だが情報モレモレで恐ろしく不気味な時代がもうすぐそこまで来ています。  そんな折、わたくし、読書がきっかけで知り合った人から漱石先生のお弟子の内田百閒先生の「御料理帖」なる随筆集を読んだ…

続きを読む

Comment (6)

もっと光を!

  結局、今年も去年と同じ年の瀬を過ごしております。   今年こそは事務処理をきちんとやってやっつけではなく微に入り細を穿つような決算処理をするのだ・・と思っていたのに、例年通り。   少しは身辺を片付けたいと強力に思うものの、「終活」とか「断捨離」という言葉が幅を利かせていますが、ホントイヤ。  そして↓この本に↓書いてあったのが お寺の掲示板  …

続きを読む

Comment (4)

三位一体、三すくみ、サンサンナナ拍子、一念三千

  おやおや、   ・・・今日は尊敬するアーティスト佐野元春氏の  誕生日   13日という日はなんかあったはず・・・と喉に小骨が引っかかってるような気分でいたが、そうか、今日はフランソワ(平民)でなくて、元春さん(スター)の誕生日だったか・・・と合点がいったわけです。    それにしても、人の顔と名前を見たらだいたい忘…

続きを読む

Comment (6)

ぼやぼやしてるうちに平成もあと100日切ったとかって~

日本に来日していたらしい美術展を見に行くと友人が。    読んでいた本に偶然、その絵の描写が載っていたので、写真をとって送ってみた。  有名すぎるほどに有名な、美術に造詣がなくてもごぞんぢかと思われるこの絵のタイトルはなんでしょうか?  ① 三々九度  ② 七転八起  ③ 叫び  ④ 抱腹絶倒  こんな風に↓毎…

続きを読む

Comment (13)

一番好きなのはほわいるまいぎたーじぇんとりーうぃーぷす(ビートルズで)です。

自分で書いたレビューを読み返して泣けて、手前味噌でございます  フレディ・マーキュリーと私ロッキングオン ジム ハットン Amazonアソシエイト  世界的に映画がヒットして、まるでなんにも知らない若者と(たぶん)おんなじような気持ちでQueenの曲にやられており、本まで読んで、動画も見て、  そして、わかった {%電球webr…

続きを読む

Comment (5)

つぶあんですか、こしあんですか?

 奮発ディナ~の〆に・・・  ともぴは103歳くらいまで長生きしたおばあちゃんや妹家族のお土産によく「いちごを買って帰るー」と言う。  メニューを見ながら「やっぱりイチゴでイイ?」と訊くので、何を遠慮することがあろう。    「!!! 」  そういえば、トリュフ風とか書いてあったね、メニューに。 …

続きを読む

Comment (5)

ないとなると余計に食べたくなるもので、

 久しく会っていない友人に声をかけ、映画。  エンジェル   サブタイトルに-見えない恋人-とついていて、札幌のミニシアターでもやってるし、フランス語だし、ぼんじゅーまだ~むぅ、あんしゃんて~(←これくらいしかわからない)な発音を聞くのも乙かと思い、選んだ。  内容はネタバレになるので、言わないがフランスの子役も女優も美しく…

続きを読む

Comment (3)

チョモリアプ・スーア(←たぶん、カンボジアのあいさつ)

 カンボジア旅行で街灯もない暗闇を(車)走りながら昼間のまぶし過ぎるギラギラの太陽を思った。    暗闇だから見え、明るすぎる光では何も見えないという内容の詩を書いた。その詩は何を言ってるかわからないと読書家の知人に言われた。(母ほどの年齢の人に)  これは小高い丘の上から夕陽に輝くアンコールワットを見るという観光スポットだったけど、陽が落ちると真っ暗闇だから、落ち…

続きを読む

Comment (3)

冷蔵庫に手つかずの牛乳パックがないとなぜか不安

さすがに今朝はダイアモンドダストを肉眼視しました・・・   案外、かっこいい。  しかしながら、東京でダイアモンドダストが見られるようになったら、  ・・と思うことでしょう。 「なんで」を綴りだすとその「なんで」は嬉しいことよりも怒りばかり沸いてきて 『神様?なんも悪いことしてないのに、なんだべか??』 と問…

続きを読む

Comment (2)

飛ぶ夢は見たことがない

 やっと着色しました   吉行淳之介はだいさんのしんじんとよばれていたらしいことはしっていたけれど、もつろん読んだことがない。  たまたまラジオで講演を聞いて、じぶんの作品で一番好きなのが「鞄の中身」といふ作品だとのたまっていたので古本で買って本棚で十分に温めてから読みました。  読むちょっと前に↑見た夢が上のなんですが、短編集の中にユーカ…

続きを読む

Comment (2)

おまえたち、仕来りってものをしらねえのか、

・・・車で進むと見えました!ありました!小屋が!!!  小説とは微妙に違う史実が記された看板↓  クリックで読めるサイズになるよ。  もともと不謹慎な精神の持ち主なので、友人たちが怯えるなかで緊張感がないわたくし。  山行に多少なれているために、ほかの山の登山口的な景観(?)で、なんの変哲もない山の景色。   ひーーっ!! {%表情がお~deka…

続きを読む

Comment (4)

今や絶滅の恐れもあるといふ

 布教の甲斐あって、聖地巡礼・・・、  まるおお先生が以前 『羆嵐』を紹介され、表紙に圧倒され、魔物の目を見たら、最後・・・なカンジ  図書館で即借り、衝撃。 その後、北海道土産として内地の友人知人に半ば強引に神の思し召し的に人々に授けたり、与えたり・・・もう、何冊、買ったことか(笑) 表紙のインパクトがすごい。これは免罪符ですよ・・・と言ってはいませんが、 …

続きを読む

Comment (4)

プラダの靴がほしいの、お、べいべーべいべー

  昨年の今頃はロンドンにいた・・・    そして、今週末は恒例の美瑛ヘルシーマラソンですが、昨年は旅行後、中1日で出場したんだった・・・今年もぜんぜん練習してません   最近読んだ河合隼雄先生の「昔話と日本人の心」という本の中に日本の昔話や民話、神話の研究者の名前が数名出てきて、借りたのが「日本人と民…

続きを読む

Comment (4)

やわらかくゆでてクリームにしようね

 わたしの時間感覚としてはまだ3月な気分。1/3が終わったとは信じたくない。      今更ながら、お正月に行った内子は松山、道後温泉を旅した時に汽車(=電車)に乗って。  駅降りたらざんざん降り    雨だからまだ良いのか、雪の方が却っていいのか、甲乙つけがたい↓雨の内子駅。       {%知ーらないwebr…

続きを読む

Comment (5)

赤を纏って青で踊る

28日までしかない2月の24日にに新刊がでるそうですね。ムラカミさん。  短大の頃か卒業していたか札幌パルコだったような、パルコの・・三省堂だったかと思うのだけれど、高校時代のクラスメイトのM子に偶然会って、三部作とか読んでるんでしょ?などと言われ、  (知らないし)。    「ダンス・ダンス・ダンス」を買おうとしていたときのことだと思う。 …

続きを読む

Comment (4)

お湯が熟田津

 道後温泉に行こうと決めて読んだ本   ①坊ちゃん↓ 坊っちゃん (新潮文庫)新潮社 夏目 漱石 Amazonアソシエイト by  表紙カバーの安野光雅氏の絵がそそりますね。 集英社の文庫本の最後の解説も読んでみたけど、やっぱり古い新潮社がしっくりきました。  ②正岡子規↓ 正岡子規 (ちくま日本文学)筑摩書房 正岡 子規 Amazonアソシエイ…

続きを読む

Comment (5)

M&A

 話題の本のお知らせメールを見ていて、  『アレ  』  目に飛び込んだのが↓佐野元春 In motion 2003 増殖 のジャケトに見えたので、  元春さんが何か話題になってるのかな?!と思いきや、今年の上半期・芥川賞受賞作品の表紙絵・・・・・・ 元春さんの世界観をお気軽に使われるなんて図々しい…

続きを読む

Comment (2)

海水より淡水が好きです

 真っ赤に燃えた太陽だから、真夏の海は恋の季節なの~     頭に浮かぶ歌が古いです。こちらも暑いです。   暑中お見舞い申し上げます       彼の地じゃ、今日も兵隊さんたちがこんな格好で外に立ってるかと思うと、気の毒&熱中、熱射病が心配です・・・ {%薬webr…

続きを読む

Comment (3)

合点承知いかないの助

この画像↓は2013.11.13にUPしたものです。  上段 左から ・The Last Holiday /Gil Scotto-Heron  ・モリオ/ 荻上直子 (映画トイレットの原作本-中古) ・戦争は女の顔をしていない/ スヴェトラーナ アレクシエーヴィチ (ロシアの戦争の女性の手記) ・神の火を制御せよ/ パール・バック ・バット・ビューティフル/ ジェフ…

続きを読む

Comment (3)

さあ、不思議な夢と遠い昔が好きなら

 若い頃はもったいなくてできなかったけど、  今ならできる(拳握る)、旅のホテルの部屋に花を   同じ町にとどまり、連泊するからってのもありますが、      こんな、散らかしてもお部屋に  花  ってイイですね♪  ・・・・・枕の場所…

続きを読む

Comment (4)

つまり書板が書かれないことができるのでなければ、可能ではない (あ?え?)

 日々のこと。  ① トレーニングは進んでない。せめて体重だけ落としたいところだがしかし。ストレスありすぎ(←ウソ)。おいしいものがありすぎ(←ホント)  日曜の朝、お腹がタヌキのようにたぷんたぷんになった夢で目覚め怯える・・・     ② 昨日、発見。終了したはずの月末〆。1月の伝票がほぼ消滅で、ネコにつままれた気分  。嗚呼 …

続きを読む

Comment (3)

ぴーはいいけどぷーはいや

 髪の長いアーティストが好き   ラジオで紹介され 面白そうで購入  ドクター・オジーに訊け!シンコーミュージック・エンタテイメント オジー・オズボーン Amazonアソシエイト by  アル●ィーの高見沢さんとか・・・あと思い浮かばない(←え?)、好きで、なぜか水曜日になるとラジオの電源オンの確率がたか…

続きを読む

Comment (8)

壁ドン!

「書写人バートルビー」  これって司法書士。短大卒業後、一番最初に働いたのは司法書士の事務所でした・・・・・  が、  じつは。 短大の卒業直前に当時、ぜんぜん面接が通らないわたしでしたが、合格しなくてもイイと思ってニヤニヤと受けた面接に通ってしまい、舗装(道路)の会社に事務員として入社。1ヶ月(2月と3月)、でやめちゃったことがある…

続きを読む

Comment (5)

しましまTシャツ、裏返し(半日)

末裔の 「裔」  「甍」  「李陵」  『読めない・・・』  高校1年の夏休みのことである。    指定図書の中から選んで読書感想文を書きなさい。  わら半紙に印刷されている文字は読みづらく、その本自体を知らない上に、まずもって字が読めないんだからしょうがない・・・    合宿前に先…

続きを読む

Comment (6)

薬のようにだいじに包まれてた

 13歳・春。中学校入学。 必修クラブは入学して新しく友達になったヤナコ(ニックネーム)と選んだ“岩波文庫を読む会”  「イワナミブンコってなに?」  顧問は天才・秀才が大好きな塩豆田先生(仮名)。   げ、ゲゲゲ!ゲゲゲのゲ!!!  そこに学年トップのアキオ(仮名)が鎮座ましましておった。THE/場違い!! 知らな…

続きを読む

Comment (7)

青春時代の外側で

くろねこ文庫の100冊-⑤   図書館で借りる本はおおよそ自分では探しあてられず・・・  職員さんに検索・プリントしたものを見せて出してきてもらうんですが、  出てきた本はこんな感じ↓    えっ?  熱帯雨林(アマ●ん)では岩波とかで出てるのに?コレ?  茶の湯の友と久々に会って「今何読んでる?」…

続きを読む

Comment (5)

くろねこ文庫の100冊

ブックオフで↓¥100-で購入  サアカスの馬・童謡 (少年少女日本文学館20)講談社 安岡 章太郎 Amazonアソシエイト by  安岡章太郎、阿川弘之、吉行淳之介・・・などなど読んだことのない作家の少年向けの短編が掲載され、当時の価格で¥1,600-。高い!    ついでにこれ↓も買った。 ビルマの竪琴 少年少女日本文学…

続きを読む

Comment (5)