雨音は

  ショパンの調べ・・・今日、ラジオから流れていましたが晴天なり

  ぼやぼやしてたらうっかりストーリーを誰かに吹き込まれてしまう!と危惧していたところ、同級生のS渡書店に頼んでいた「1Q84」がようやく届く。
・・・安心しました。このまま世間を疎んじて、耳をふさぎ、目を閉じて、まっさらの、白無垢を着た花嫁のごとく、なにも知らない状態で読書に突入いたします。ちょうどジューン・ブライドの季節だしな。俺様もピュア。(意味不明)

画像


  いったい、ナニ刷になるんだろう?!やっぱり「第一刷」ちゅうのがほしかったなぁ~。

  最後のページ・・・は。
画像

    !!4刷!!
  
  なんとー 一ヶ月もたたぬうちに! スバラシイ 
ムラカミさん、この不況に文化面から喝を入れていますねぇ。さすがですねぇ。ところがどっこいS渡氏の小さい小さい書店じゃ流行りの本はなかなか入荷しないのよ。世の中、ホント、厳しいですわ。

  本を買いに行くために運転してたら、自転車で配達中のS渡氏発見。彼はいろんなひとによく発見されている。私もよく発見する。

  道路の反対側で氏も私に気づいた模様・・・手をあげて挨拶しあうが店に着いたらいなかった。別のところへ行ったのね。ま、どうでもいいけど。

  今日はいろんなものが届いた。

画像

  ・カード会社の懸賞の食事券(\4,000-)当選。うれしい。
  ・(世帯主の)通帳に定額給付金が振り込まれていたのに気づく
  ・配当金のお知らせ(コ株主)
  ・株主優待の品物(水)
  
画像

 
  こ、これはもしや、「大吉」のご利益か?こんなことに運を使っちゃったのか?!
とおびえるも、当たったものは「お食事券  」だけであった。・・・ご利益¥4,000-分?!・・・ともっと別のスゴイものがほしいと欲深き私は思うが、たぬきのおみくじはたったの¥20-であった。

  こんなもんか(笑)

  定額給付金については賛否両論あったけど、あっという間に消えそうな¥12,000-でもうれしい。そして、緊急の時にのみ使うための通帳に貯金しようとしている私・・・意味ないじゃん。どこまでも小金貯金が好きなワタクシ・・・

  それにしても今日、手にしたものの中で一番うれしいのは「1Q84」であった。ムラカミ信者である。

この記事へのコメント

はる
2009年06月26日 20:49
世間の噂で音のみ聞いて、ジョージ・オーウェルの『1984』の復活?と思ってました。この先、恐らく、読む時間はないので、読み終えての率直な感想を楽しみにしてま~す。
2009年06月29日 14:34
ジョージ・オーウェルの『1984』?!
はるさん、博識ですねぇ・・・そのような作家さんはワタクシ、とんと知りませんでした。はるさんはその本を読了されてるのですか?
世の中知らないことだらけ&他の人が知っていることのおおよそを知らないワタクシです。

この記事へのトラックバック