あなたもごぞんぢ、ひとりたびです~♪

  『くろねこ・ぷぅ 免罪符を購入 --そして許され 再び祝福に与る』


 またたび小学校  

ちょびひげ年 おなかぽよよん組   くろねこ・ぷぅ


6月18,19日に3月に行われる予定だった元春さんのライヴが振替えとなりました。
わたしの出場(×)は18日です。

後にN.Y.が控えておりますので、なるべくお金を使わないように、ここでマイルで参るわたくし。
しかし、マイルでは旭川からの便はとれず、千歳からとなります。

そこで  札幌にて前泊し、ついでに早めに行っていつもの美容室へ行こうと。
一回分の札幌往復の汽車代の節約です。

久しぶりに爆発気味のパーマをかけました。
気味であって爆発ではありません。
「パンチ・パーマ」でも「アフロ」でもないつもりです。
けれど、やっぱりあのアダモちゃんも真っ青な 「くるくる」 はいただけません。

とまれ、ホットなヘアスタイルとなって東京へ進出です。
「オラ、こんな村~イヤダ~!東京でベゴかうだ~~♪」というアグレッシブな気分にもなります(?)

午前10時発のJALに乗り、噂されていた東京沈没もなく無事に着陸。
スイカにチャージして京急で品川へ~~。
(まいど、まいど、スイカにパスモの機械でチャージできますか?と質問するわたくし)

ホテルのロビーで前回も会うお約束をしていたKさんを待ちつつ、読書。
そろそろ着くころかな~??と思ったときに ハッ 

わたくし、わたくし、わたくしィ~~~~~!!!

春に購入した小型のポーチが使いたくて、財布が大きいから取り替えたり戻したりしたことを思い出したのです!
そして、そ~~~っとお財布を開くと・・・

ない・・・

チケットが  ないっ!!


  

やってしまいました。

そこへKさんから着いた旨の電話。
ホテル直結のシンガポール料理レストランの前にいると。

冷静に受け答え、レストランの前でKさんを発見し
久しぶりなのにいきなり・・・
「いや~~~・・・わたし、チケット忘れてきたの・・・」と再会の挨拶も抱擁もなく、失礼極まりないわたくし。

ホテルに戻り100円で10分のPCを使い、ちけっとぴあの購入履歴をプリントアウト。
入れてくれないわけがないと決め、シンガポール料理を食べ、満腹に。
Kさんはわたしが心配だとて、会場まで引率してくださいました。
ああ、あなたはどうしてそんなにいい人なのでしょうか (-人-) カムサハムニダ~ 

会場で「あの~~、チケット、北海道 に忘れてきたんです  」 と、情に訴えました。

おにーさんは「ボク、アルバイトなんで・・・」と係りの人を待つととても若い青年あらわる。

「本当でしたら入場はできないんです。」と何度も言われ、日ごろのクレイマーぶりが匂っていたのでしょうか??
「空席であることを確認してから入場してもらえますので1曲目は聞けないかもしれません」とのたまう。

「え~?!大事なファイナルの1曲目ですよ~」なんか言うわたし。
隣でKさんが「おさえて、おさえて  」と。

待たされてる間に時間の有効活用として会場にあった元春さまの垂れ幕(?)を撮る。

画像


係り員の人に「あれ?何やってるんですか?!」と焦られ、振り返ると他にも3~4人、同様の手続きをしてる輩が居るではないですか?!

ある人は新潟から。
なのに、わたしが北海道というと「ええ~~!!遠い~!!」と。
「いや~、ちょっと津軽海峡越えただけですよ~」と説明するも外国から来たかのような驚きです。
それはどうなんでしょうか?オレタチ、一応日本人。九州からの人もいらっしゃるかと・・・

それで、入場には・・・
チケットと同じ金額を支払うのです・・・ 
そして、帰宅後、チケットを申し込み書を書留で郵送し、確認後、送料引かれた残りの金額を現金にて返送されるそうです。

許しを得るために、免罪符を買ってしまいました  。
悔いあらためよ!!と聞こえるようです。

Kさんにロクにお礼も言う余裕もなく入場。
席は階段をあがって、そこはもう3階くらい。

時間どおりに始まらず20分ほど遅れて開始されました。
『聖☆佐野元春さまを信ずる花  たちの大集会』の始まりです。

会場はとても広いですが大写しのためのスクリーンもなく元春さまのお顔もはっきりしません。
そして、電気を大量に使ってる感じもなくとても落ち着いた光のライブとなりました。

元春さまは震災のことには「今日会場に東北から来てるファンがいる」と言ったきり触れることはありませんでしたが、皆、その気持ちをわかちあっている空気がありました。

ライヴの間、わたしの席は45列目でしたのでぜんぜん遠くて詳細が見えないのですが皆さんの盛り上がりが良くわかりました。

ステージではなく会場の方に黄色の光が放たれると、オーディエンスが黄色く染まります。
ああ、これはどこかで見た光景・・・
そうです、それはあの某テレビ番組の募金を募る活動の黄色いTシャツを皆が着用してるように見えるのです。Tシャツの真ん中には地球の模様が浮かびあがってるあれです。
嗚呼!!愛は地球を救う!!!

わたしの後ろのカップルはすごい声で叫び続けました。
最初はうるさかったその声も、わたしがココだ!と思うタイミングで叫んでくれるので笑えてきました。


そして、聖☆元春さまの「約束の橋」
免罪符を購入したわたしの罪も許してくださりました。
「今までの君はまちがいじゃない、今日の君もまちがいじゃない、これからの君もまちがいじゃない」とソラミミ  がしたくらいです。

信じることをいつまでも~ 

それにしても、元春さまはどうしてこんなに感動的なのでしょうか?
札幌でのライブと同じメッセージをみんなに読んでくださいました。

音楽がなくても生きていけるけど
音楽があったおかげで、こんなにも見る景色が広がった

音楽を通してこんなに素晴らしい仲間と出会うことができた

これからも自分の好きな音楽を作り続け
みなさんに捧げて行きます


・・・このような趣旨の言葉です。

お金の力で免罪符を購入したとはいえ、友人の支えと厚顔無恥なわたしの性質とで今日までの罪を聖☆元春さまの音楽のシャワーにより洗い流すことができました。

正直、渇望して行ったわけではなかったのですが今回はファンサイトで行きたくても行けないファンもいると思い、これは行かなければ!わたしは行けるのだから!と奮い立ちました(大げさ)。

何よりも、聖☆元春さまは今回もとても素晴らしく、輝き、美しい。
感動が心の中に残っています。

ちなみに、後ろで盛り上がっていたカップルに「あなたたちのおかげで大変、たのしうございました・・・」と伝えたかったのですがさっさと帰って行ってしまいました。
残念でなりません。

さて、佐野元春さまに興味のない皆さん、好きだけどライヴには行ったことのないみなさん。
あなたもわたくしとともに贖罪のため、次回の免罪符を買ってみてはいかがでしょうか?

それにしても、元春さまのラップは世界一、素晴らしいです。必聴の価値あり。

  免罪符とお土産の冊子↓
画像


この記事へのコメント

2011年06月22日 23:17
旅には(旅という程でもないですかね?)ハプニングはつきものですよ。
免罪符・・・おいらはこのぐらいで許される罪ではないので、全て受け取る覚悟です。

楽しく心もすっきりで良かったですね。
ところで、Kさんていい人ですね。
2011年06月23日 16:37
 GSPさん・・・ハプニングが毎回あると人間をやめたくなります。
妖怪人間の逆です。「じゃぁ何になるの?」と問われれば、それは「廃人」(人間を廃業)あるいは「人非人」(人にあらず)・・・ですが字を見るとそれはそれは・・まだまだ人であるようです。
GSPさんのこともきっと「今までの君は間違いじゃない」と太鼓判を押してくれることでしょう。
Kさんとは今度は一緒にライブに参加いたしましょうと約束を交わしました~。これからも間違いじゃないわ~♡
2011年06月23日 23:55
すげ~~
なんか その「忘れました」をしたいだけでなんかのライブ行こうかと思った。

崖の上からジェームズ小野田を突き落としたら水の精が現れて「あなたの落としたのは金のジェームズ小野田ですか それとも銀のジェームズ小野田ですか?」って言われたい夢に匹敵しそうだ~~
miniko
2011年06月24日 06:14
あきれました。
やっぱり、間違いかも知れないよ、、、、今までの君、、、(涙)。。。

11月のニューヨークマラソン参加の前に飛行機にのりますよね?パスポート忘れないで下さいね。その件では免罪符出ませんから、、、、、、。アーメン。
2011年06月24日 16:11
 うぃぇ~ まるおおねーさん、そりゃよした方がいいなぁ~!入れてくれない興行会社もあるって言ってたから~。
特別ですよって連呼されたもん。
ま、実験のためだけならなんのライヴでも良いケドさ、本当に見たいライヴじゃないと懸命さ加減がぬるいと思うし~

うーむ、わたしは鉄の28号が良いです。

 minikoさん、いやぁ・・・テレます(反省の色なし)
ここまで来ると、わたしのこんなミスも才能か?オレってある意味、天才じゃないか?!と思えてくるから不思議です♡

そして、わたしも思いました。
今までの海外旅行ではパスポートも航空券も忘れたことはなく、税関で引っかかったこともない!!!
ある意味神通力です(?)
2011年06月24日 23:56
いや~ん。もう~
入れてくれて良かった~と思った反面…チケット代を払うって…更に払ってるのに1曲は…なんて、
それは正しいの?チケット忘れた人のペナルティですか??ん~結構、いけずですね。
パスポートだってさ~人類皆兄弟!って気がするけど…ホントは兄弟じゃないからダメか~。
N.Yのときは忘れずに^^

2011年06月25日 01:44
うふっ。行って良かったですね(^-^)
チケット代だって、後から返ってくるしね♪

私なんか、LOVEアーティストのライブ、
持ち金はギリオギリで行ってましたから
(CDやグッズ購入に使いすぎない予防)
同じ状況だったら、近くにコンビニが
無いと、入れなかったかも(^-^;

顔を覚えていただけなくても、
片思いでも、
アーティスト様にLOVE☆な気持は
いくつになっても一緒ですものね。

といいつつ、私も、真二サマに
だいぶ長い間会いに行けてません。

※minikoさんがブログに遊びにくてくれました。
ありがとうございます♪
2011年06月25日 17:30
 や~、ベッキー。美瑛マラソンの受付証は忘れなかったんだけどねぇ・・・
すぐに入場させてもらえないわけは「空席であることの確認ができたら係員の誘導で入場してもらいます」ということでした。
当日券も完売の2日間。係員はてんやわんやでアルバイトはぜんぜん動きが悪く、かなり混乱してました~。でも、元春さんのライヴっていつも20分は遅れるのでちょうどよかったです~。
ホント、N.Y.では忘れてはならないものがいっぱいありそうで怖いです。ESTAもこれから申請・・・(テヘヘ)

らいむさん、お金を余分に持っていたのは旅行客ならではでしょうか??
なるべく現金払いにしてたので、前日の美容室をカードにしておくんだった!と少し後悔しつつ・・・釣銭のないようにという決まりでした。
いや~、元春さんは私には神の子・アマデウスなので、顔を覚えてもらうだなんてとんでもない~♡
ケド、最前列でクリスマスタイムインブルーという曲でマイクを向けられたことあり。恥ずかしかったけど、熱唱しました!

真二サマとは原田さんのことですね?
私は北海道神宮での鎮守の森コンサートで握手をし、真二スマイルを写真におさめ、昨年はNHK-ラジオビタミンに出ていた真二サマに向け投稿をしたら、それが一瞬にして読まれ、しかも父が聞いていました。
かさねがさね冷や汗をかきました~。
真二サマは海外進出のため、世界の平和(エコ)のため頑張ってますよね~。

この記事へのトラックバック