ねこのみち。

アクセスカウンタ

zoom RSS はやく月日すべての悲しみをいやせ

<<   作成日時 : 2015/07/15 10:46   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

 帰り道で迷走したけど〜・・・  と驚かせておいて・・・(登山)


画像



 無事、下山

車は一路・・・大雪山は旭川圏内・・・と思い込んでいるから札幌へ向かうなどとは思いもよらなかったわけで・・・着いたのはリトル東京・サッポロですた・・・ 



ノホホンとしたおれの風体の後ろで愛別岳もご一緒した梅ちゃんが『あれ?方向、旭川じゃない・・・旭川じゃない・・・』とオチオチ眠られなかったそうな。



車が「輪厚」インターチェンジに到着し『くろねこさん、やっぱりチガウ!!』と確信したらしく勇気を振り絞って?伝えてくださり、オレ、目の前真っ白。「要項に札幌発着って書いてありましたよね!!」とガイドさん・・・わかったってば。


 札幌から高速バスに乗り、家から最寄りのバス停で降りたけど、そっから家まで遠かったー 




 にやー、ほんと、びびったすー 見当違いな進行方向とガイドさんの言葉に・・・残念至極に存じます。


 


出発ギリギリまでガイドは仕事か自分のためにフランスにいたのです。
きちんとした連絡が来るのを待っていたのですが、数日前に旭川のインターチェンジで合流とメールだけ。まぁ、遠慮して細かい打ち合わせはしなかったのでした。


出発前に文書でパック旅行のような文書が屋久島の時は届いたのですが。

「これも旅行なのになぁ・・・」と思いながらの出発でした。チガウ場所からの出発の人がいたら直前までに意思確認を行うと思うんですが、


 『わたしが常識に思ってることは非常識なんだろうかー・・・』と自信がなくなってしまいます。



 が、

 今回はこれを思い出しました↓
画像


 「牛ホルダー」  「キーホルダー」

 お友達のさとちっぷちゃんが登山出発前に突然送ってくれたものです。


 『ウシじゃなくてネコじゃん?』と思ったのですが、内容物に記されていた「キーホルダー」を読みまつがったわけです 


 うれしかー 


 思い出すたびうれしかー 


誕生日でもクリスマスでもない、義理じゃない贈り物をもらえた私はまだまだ捨てたもんじゃないな、と思いましてね・・・ 



 それに加え、先日出場した「たかすじょぎんぐフェスティバル」 女子45歳以上 5kmの部での表彰状が届いておりました 



 5km部の完走証にはたしか15位くらいに載っていたと思うんですが、参加人数が45歳以上の部で30人(少な!)で、おっそい!と思っていたのですが、



 7位です。

 
 グロスタイム(ドン!となってからの時間。スタートラインまでの時間を引かれていない)で29分5秒です。

 
 へー  なんか、軽くうれしい  (7/30ですが)



 そんなわけで、今日もわたしは歩いて行けそうです 



 
 いや、山はサイコーでした 





るるぶ札幌 小樽 富良野 旭山動物園’16 (るるぶ情報版(国内))
JTBパブリッシング
JTBパブリッシング

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by るるぶ札幌 小樽 富良野 旭山動物園’16 (るるぶ情報版(国内)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


北海道Walker2015夏<HokkaidoWalker>
KADOKAWA / 角川マガジンズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北海道Walker2015夏<HokkaidoWalker> の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
くろねこさんのキーホルダーかぁ。
手作り?市販品?
ナイスなセンスですね〜。
ヤス
2015/07/16 08:23
>『わたしが常識に思ってることは非常識なんだろうか

・・10年くらい前から、少しずつ感じております。
非常識な営業電話や営業メールのやりとり、
飲食店で信じられない接客態度とか。

バブル崩壊以降、日本人の心にはゆとりが無く、
仕事への姿勢や仕事の仕方は
とてつもなく変わってしまったのだろうか?と、
感じさせられることが多々有ります。

特に、毎日が「やっつけ感」で回している雰囲気は
たいへん苦手です。
らいむ
2015/07/16 21:33
ヤスさん、
車のキーホルダーがだいぶ撚れてきたので、これに替えます。思いがけぬプレゼントは受け取った嬉しさのみならず、わたしの心を救う棚からぼた餅ですたー。
お店で目があったらしいですー。


 らいむさん、
コメントありがとうございます。お互いに個人事業を行っていると接客の目も厳しくなるとは思うんですけど、利益とか効率優先もいやですが、お山の大将なカンジに仕事をするようになると危ないという気がしますよね。
せっかくの良い旅もなんだかなぁ・・と心底さびしくなりました〜。
わたしたちは気を付けてまいりましょうね〜。
くろねこ・ぷぅ
2015/07/18 10:49
素敵な山の後に、現実が待ってて残念でした。。。

ギリギリで頑張ってる人々は、絶対譲らないというか、負けは、というか、自分の非は絶対に認めない。というのは、ニューヨークに住んでて日々感じる所です。あやまってもらったこと、ないと思う、、、色々、、、。そーゆーのって、へこむし、うんざりするし、下品だと思う、、、、。

でも先日、グリーンカードの更新のための手続きで、写真と指紋を取りに行くんだったんだけど、明日だ明日だと思ってて、当日も明日だと思ってて、アポイントメントをミスしてしまったんだけど、気付いてすぐに、弁護士に電話したら、秘書のカレンさんが、「オーマイゴー!」と、非常に取り乱し、折り返しすぐ電話するから、ちょっと待ってて。ってすぐ電話切って、お電話かけ直してくれた時には、彼女、落ち着いてて「前日に確認の連絡いれなくてごめんね。」って、(それは完全な私側のミスなのに)まず言ってくれてビックリした。NYで暮らしてて、初めて私の失敗を共有してくれた、っていうか、同情してくれた感じに感動っていうか、ビックリした。嬉しかった。
miniko
2015/07/19 10:23
minikoさん、
あの時の悲しみからだいぶ復活。こないだ言いそびれたのはシミひとつない楽しみがないから生きてる、ってやつですが、この次こそ完璧なるものを求めてまた次に進むんで、まぁ、生き続けるのかな〜。あまりに天国的な幸せを受けるとびっくりするから、まぁいいかな。と。
それでも、わたしはお人よしだな、と思います。

それにしても、チャーミングで通したと思われます。思い込みが肝要ですの。ごめんね、っていえるのはお互いに心を許してるからかもね。
くろねこ・ぷぅ
2015/07/21 17:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
はやく月日すべての悲しみをいやせ ねこのみち。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる