僕がI Love Youって言ったら、You Love Meって返してほしいんだ

画像


 佐野元春は35周年。


 あの美しさは何!?

☆そばにそっといるだけで
永遠の恋を感じてる
Baby I need your love
I need your love
いつでも いつも Mad love

☆Boyfriend Girlfriend 大切な My friend
あの輝きは かえらない
いつまでも お前にキスしていたいのに

☆クロスワードパズル解きながら
今夜もストレンジャー
This is a story about you
(これは君のことを言ってるんだ)

☆Come Shining(輝いておいで)
Come Shining(輝いておいで)
Let's make Love tonight(今夜 愛を交そう)
Come Shining(輝いておいで)
休みがとれるほどおだやかな世界じゃない

☆荒れ果てた心 街に灯がともる
流されはしない ジャマされはしない 二度と二度と
くだけちる愛 永遠に 孤独なプラネタリウム
あてもない奇跡を夢見てる いつも いつも いつも

☆今までの君はまちがいじゃない
君のためなら 七色の橋を作り 河を渡ろう

☆単純な SORROW
目を開いて一歩前に前進
肝心な TOMMOROW
半端な言葉じゃ言えないくらい
溢れてくる涙の向こう
灰に寄りそって
Oh Yeah Yeah Yeah !

☆数えきれないイタミのキス
星くずみたいに降ってくる
数えきれないイタミのキス
星くずみたいに降ってくる
何も分けあえられない
何も抱きしめられない
でも今夜だけは
君と輝いていたい
That's meaning of Life

☆僕はどこにでも行けるさ
けれど僕はどこにも行けない
シニシズムのレストラン
Gee Bop Do be Do...
冷たいブルーベリーワイン
シナモンチェリーパイ
まるで夢を見ていたような気持ちだぜ

☆つかのまの陽ざしのなか
ホコリだらけの街を歩く
風は君の髪を撫でて
沈みこんだ気持も消えてゆく

☆人込みの中を歩きながら
変わる街並みに
虹を唄うのがきれいさ
ジャスミンガール ジャスミンガール

☆どんなに求めたって
つかめないものもある
心のトゲを抜きさって
その涙をぬぐうのさ

☆あの日の仲間たちはみんな
おとなになって散り散りさ
いつか僕はきっと
長い手紙を書くだろう

☆晴れた日は 風を抱いて
夢の続きから始めてみてもいい
そうさ 正しい理由の向こうには自由
いつだって自由
いつだって

☆失くしてしまうことは
悲しいことじゃない
輝き続けている いつまでも
There's a rainbow in my soul...

☆時々二人は 感じ方のちがいで
夕べのように 沈んでしまうけれど
愛してる気持は いつも変わらない

☆できるだけ高く
遠くの空まで
かけ登ってゆくことばかり
考えていた

通りすぎた昨日より
遥かに強く
自由になる約束を
信じてた 夜

☆ 鋼鉄のような Wisdom
輝き続ける Freedom
願いを込めて
ここに分けあいたい
Let's stay together

☆今、サーチライトの中で
ひとりの男が鉄条網を
くぐり抜けようとしている
片手には宝石 もう片方の手の中では
狂暴な情熱が吠えはじめている
そして俺は 朝が来るまで
朝が来るまで 君をさがしている

☆窓辺にもたれ
夢のひとつひとつを
消してゆくのは つらいけど
若すぎて何だか分からなかったことが
リアルに感じてしまうこの頃さ

☆すれちがいの ありふれたコメディ
古ぼけた映画のポスター
オイルにまみれたモーターバイク
瓦礫の中のGolden ring

たったひとつの夢が
今 この街の影に横たわる

☆国のための準備はもうできてるかい?
国のための準備はもうできてるかい?

家族とか大切な人を心に留めて
美しく見える話しには裏がある
気をつけろ

☆プロムナードに たむろしてる
望みを失くした ポップコン・ガール
今晩 誰かの車が来るまで
闇に くるまっているだけ

☆RADIO RADIO
おしゃべりなDJ もういいから
RADIO RADIO
いかしたミュージック 続けてもっと

☆遠く離れる者
ここに残る者
僕が決めても かまわないなら
何も言わないけれど

どうして あなたは
そんなに 手を振るのだろう
僕の手は ポケットの中なのに


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 他にも新しいアルバムから何曲も。そして、今、思い出せない曲も。


 3時間30分のライブ。(予想外)


 幕前に買い物やランニングシューズのフィッティング、美容室へ行って、お昼ご飯もそこそこに。会場で読書をしていたら眠くなってしまい、音楽が鳴りだしたので立ち上がるものの、一瞬、寝ぼけてたのか・・・


 『あ、あれ・・・誰だっけ?す?すどーさん(さっき、髪を切ってもらってた)?いや・・・ち、ちがう』


 そのお顔は大写しでドン!と(前から15列目)目の前に大写しで-陳腐だけど-穢れの全くない笑顔が飛び込んできて、


 ひやぁ!元春!!


 何しに来てるのかを見失ってるのもどうかと思うんですが、気付いたら脳が反応して涙。


 ともあれ、舞台に上がる芸術家はその瞬間、幕の内でオーラを閉じ込められていたのが開いた瞬間に飛び出すのか、「ドン!」と目の前に大写しになる感じありますね。ほかには落語の歌丸さんのときそんなカンジでした。

 
 元春さん、今年、還暦。


 デビューは松田聖子と同期です。

この記事へのコメント

2016年01月19日 18:13
あ 同じ町内のWさんと同じ年なんだ!
しかし35年前の歌もあるだろうに
ちゃんと覚えて歌ってられるってすごいよね~♪
2016年01月19日 20:37
ライブ会場でうたた寝の間に
記憶が飛んでいたのも思い出になりますね(笑)
今の還暦って大昔の40歳くらいなのだろうかと
考えたりすることがあります。
個人差はかなり有りますが、カッコイイ人は
とことんカッコイイですね。
miniko
2016年01月20日 13:41
僕がI Love Youって言ったら、You Love Meって返してほしいんだ

って、理解出来ない。
2016年01月22日 10:44
まるおおさん、
町内のWさん意外にも還暦で感激なお方はいっぱいいらっしゃるでしょうが、みんなスゴイ・・元春さんとかけ離れたご容姿かとぞんぢます。いかが?
歌詞については私も思った。ほぼ、まつがってないと思うー。足元に歌詞が流れるモニターとか設置してたかなー。なかったようなー?


 らいむさん、
なんちゅうか意識ははっきりしてたはずなのに、音楽がドンドンドンってカンジで鳴りだしてパブロフの犬のように反射的に立ち上がったのに「誰?」って思うのってどーなの。でも、普段、お顔を拝見する機会が稀だし(笑)
らいむさんの言うとおり、昔の40代なカンジです。わたしたちも美を保ちたいものでふね。


 minikoさん、
そんなコメントが帰ってくるとはびっくり。
もうごぞんぢかと思い込んでおりました。

“悲しきレイディオ”の演奏途中で必ず毎回、元春がオーディエンスに求める掛け合いのセリフ。
“愛する気持ちを分け合えれば I LOVE YOU! YOU LOVE ME!”って歌うんですが、元春は神の子・アマデウスですから自分はみんなを愛しており、それをわかってくれてるよね!?ということなんだと。
オーディエンスからの愛を強要せず、無償の愛みたいな。
だいたいひとりで行くので、曲ごとのフリや、掛け合いは苦手だったんですが知らぬうち身体にしみついたみたいで、皆様に遅れることなく狂喜乱舞してまいりました。
ここにいやなやつなんて一人もいないさ、なぁそうだろぅ!?と今回もおっしゃっておりました。
でも・・・隣の男性は独り言をつぶやき、酒臭くこわかったです。通路側の一番端っこで救われました。祝杯は終わってからにしとくれ。
2016年01月23日 08:34
ライブで立ち上がるのは若い証拠ですね。
私は最近はあまりライブには行っていませんが、じじいなので行ったとしても立ち上がりたくありません。
2016年01月23日 15:38
ヤスさん、
バランスが悪いためか長時間の立ちっぱなしは腰に来るわたしですが、楽しいときっていうのは苦になりませんね。でも、座ってみたいのが本音です。どんなノリノリの曲でも。もう若くありませんから。
でも、みんなが立つんです。立ちたがるんです、バイザシー(元春の曲が耳について離れません)。

この記事へのトラックバック