ねこのみち。

アクセスカウンタ

zoom RSS あのお店の名前が思い出せない(サラダでチコリを初めて食べたんだよー)

<<   作成日時 : 2018/10/03 15:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

  ある日のひとり夕食。


  妹から送られてきた本場イタリアのスパゲッチ〜で。


  普段、好まないカルボナーラが食べたい!


  ・・・と、冷蔵庫にあったベーコンと野菜で・・・

画像



  かるぼなーらモドキ。


  そもそも、カルボナーラは卵と濃厚クリームのコラボレーションと言うかスーパーハイブリッド・・・なので、トメィトォ〜(トマト)は入らないと思うのだが、プチトマトやピーマンなど、今年の悪天候と例年による連作障害に苦しみながら(畑と母が)できた野菜なので食せねばと思うのだ・・・


  クリームは牛乳で代用したし、具だくさんだし、カルボナーラの雰囲気はなかったが・・・



  このパスタ。



  太い。



  そして、固い。



  ・・・・・


  わたしの友人たちは自称前世+来世はイタリア人なんだが、彼女らに言わせるとパスタは固ゆででなければならないそうだ。一緒にイタリアンを食べに行くといつも「パスタはデキルだけ固めで」と店員にリクエストする。

 

 『ヤなカンジー』と思う。



 で、この麺である。


 
 太くて固くて、表面がざらざらなのにぜんぜん水分を吸収しない。
茹でるのに時間がかかり、芯もかなりに残る。それなのに、ある一定の柔らかさになったら最後、とんでもなく不味いうどんのようになった。

 

 アルデンテ・・というものは、芯がうまい具合に残っている状態を指すのだと思うが、このパスタでアルデンテを追求すると、かなり真ん中が食物ではなく粉の固まったヤツというカンジになってしまう。日本のママーとかオーマイのスパは表面がツルツルなのにゆであがりも早い。



 そもそもイタリアも水も硬水だったりするのでしょ?彼の地は。母をアルゼンチンまで訪ねて行ったマルコは子どものくせに赤ワインを水代わりに飲んでたもんな。原作はあんなにおいしそうな場面、ないんだけどな。マルコ。




 そこらへんのイタリア料理店で麺は何を使っているのか聞いてみにゃいかん。


 
 ・・・自分でこの麺、茹でて見な?と思う。


 太いこの麺、本数にしてほんの10本少々で50グラムになってしまうのであった。


 それに加え、カルボナーラなのに野菜盛りだくさん・・・こんなものをわたしの胃の中に納めてしまうのだから恐ろしい・・・・



 このほかにネジネジの巨大マカロニも残っている。


 かなり手ごわいと思うんだな、

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 ハッと気づいたら9月が終わっておりました。


 地震をすり抜け、帰国翌日には成田の滑走路閉鎖騒ぎと危険をかいくぐり帰宅いたしまして、父には「オマエ、長生きするわ」と太鼓判を押されました。


 同じ北海道の民として、こんかいの困難を体感しなくてよかったのかとも思う次第です。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
お久しぶりです。
日本におかえりなさい!
いやいや、危険回避できる能力は
持ち続けるべきです。
カルボナーラアレンジ版、こっちの方が
私は好きですね。
TAMO
2018/10/03 19:46
本場の食材を使うのは、本場の環境でなければという事でしょうか?

長生き確定、おめでとうございます。
ヤス
2018/10/04 08:21
すごい 前世と来世がイタリアなん??
長生き確定より珍しい気もするけど
そんなに好きなんだね〜
そういう方たちは毎日何食べてるんだろう?
気になる。
トマトはそろそろ青いの取り込んで追熟モードかな〜〜?
まるおお
2018/10/05 13:45
私の記憶では、パスタを作る小麦粉は0(ゼロ)ってやつだったと思う。
miniko
2018/10/07 10:21
TAMOさん、
帰国からもう一ヶ月も経とうとしてますが、ただいま〜♪NY到着日は真夏のように暑かったのに北海道は日一日と秋が深まってますね〜。
自作の俺流カルボナーラをお褒め下さり光栄の至りですワ。ありがとうございます。


 ヤスさん、
本場で食べてもきっとおんなじカンジでもさっとしてスタイリッシュじゃないスパゲティに仕上がること請け合いです。地元の大手スーパーで購入したオーガニックの外国のスパゲティはすんごい細さでした(昨日のお昼に茹でました)。
長生きがイイことかどうかが不明です・・・(-人-)カムサハムニダ。


 まるおおさん、
そう、血にワインとイタリアンの遺伝子が流れてます。河童のように・・・
しかし、煮物や納豆も食している模様です。糖質制限はしない系です。
畑はどんどん枯山水系です。


 minikoさん、
パスタの小麦・・・むむむー。自分でパスタを練るのならその前に餃子の皮を手作りしたいと思います。
ところで、ヤスさんのブログにニューヨークの朝焼けか夕焼けのコメント入れました(ヤスさんは見落とされている模様)。
あなたへのお答えもあるので参照してみて。

くろねこ・ぷぅ
2018/10/10 09:29
ママーとかオーマイは、縦に切れ目がはいってますから、茹でやすくて味も絡みやすいですね。
ボクが若かりし頃のカルボナーラは、今のようなスープ感はなく、もっとプチプチでした。
麺と炒り卵と言えばわかりやすいでしょうか。
ひま爺イヴ
2018/10/14 08:38
ひま爺イヴさん、
そうでしたか。ツルツルに見せかけといて切れ目あるんですね。どこかに何かが仕込まれてるとは思ってましたがー。麺と炒り卵ですか。親子丼の卵風味でしょうか??
タマゴを二つ食べると目玉が飛び出すとクラスメイトに言われて以来、まるおおさんとお友達になるまで卵を制限しておりました!今はどんどん食べてます!
くろねこ・ぷぅ
2018/10/19 16:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
あのお店の名前が思い出せない(サラダでチコリを初めて食べたんだよー) ねこのみち。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる