山にいて、海にあこがれる

 今日はロンドンにあるウォータールー駅について話したいと思う。 ・・・ユーロスターがイギリスとユーラシア大陸をつないだ時できた駅?(チガウ、もっと前からある)。  1990年代、ユーロスターという乗り物はとても新しく画期的な響きを持って登場した!と思う。 ユーロスターすげぇ♡って感じだったが、私も20代の終わりにオランダからパリまでユーロスター(?あれ)に乗った(海…

続きを読む

Comment (2)

ハッとしてGood

  前回、絵日記↓を添付し忘れたので、引き続き話題はとしちゃんでお願いします。  ライブで聞きたかった曲のもうひとつは ”悲しみ2(TOO)ヤング”  永年のファンにとっても大事な曲なのか、イントロが始まったとたん条件反射的に ♪こんな~はずじゃあ~なかったよね~あの夏の約束は~♪ と皆が合唱して、まるでお経か君が代です(笑)。  この曲、としちゃんが一人二役で…

続きを読む

Comment (6)

Bornのあとには前置詞のToをつけるとおしえてくれたフレディ

 わたくしはあなたを愛するために生まれました・・・I was Born to Love You!!  ぼーつぅ~らぶゆ~、 ぼーつぅ~らぶゆ~、 ぼーつぅ~らぶゆ~、 ぼーつぅ~らぶゆ~・・・   あれは昔・・・カラオケボックスでのこと。  若くてなまらハンサムな英会話講師がひとりで「Bohemian Lahpsody」を謳…

続きを読む

Comment (12)

ないとなると余計に食べたくなるもので、

 久しく会っていない友人に声をかけ、映画。  エンジェル   サブタイトルに-見えない恋人-とついていて、札幌のミニシアターでもやってるし、フランス語だし、ぼんじゅーまだ~むぅ、あんしゃんて~(←これくらいしかわからない)な発音を聞くのも乙かと思い、選んだ。  内容はネタバレになるので、言わないがフランスの子役も女優も美しく…

続きを読む

Comment (3)

くうきたりないゴムまりみたい

 そこらへんの下品なおっさんみたいな話ですけど、イイですか?  NHKでやってた映画を録画した「宇宙人ポール」    公開してたとき、仲良しのペコちゃんを強引にさそって張り切って劇場で見た   14日、母の誕生日の夜、父がわたしの分の高級柿を喰ってしまい、自分一人で全部食べてと母が怒りの鉄拳になって、せっかくのゴキゲンば~すで…

続きを読む

Comment (2)

ボーンツゥラブゆー(骨まで愛して)

 こないだの日曜、友人のともぴと映画をみたら食べたくなったから、行ってみたカレー屋で  Budda Born in Nepal. Budda Was Born in Nepal  え?ブッダってインド人じゃないの??  店内に貼られたポスターのキャッチコピーが目に飛び込んできて、思わず 「ねぇ、インド人じゃないの?」と問うも、…

続きを読む

Comment (8)

プロポーズは101回目までお願い

 週末は結局のところ、肉を焼くこともなく終了。  映画 「おみおくりの作法」見ました。  この映画「おみおくりの作法」というよりも「STILL LIFE」がよろしいでしょう。   ネタバレですが・・・・  主人公、バスに轢かれて終了・・・・    「車」のとなりに「樂」と書いて・・轢く ・・・むー…

続きを読む

Comment (7)

アルムの次男、名前はまだない。

 みんな大好き  アルプスの少女ハイジは本当に低燃費か!?(加筆、訂正を加えました)  ・・・じゃなくて、ハイジって何者?? 長年の疑問でした。  読んでびっくり、 ① 原作(訳本)によるとハイジは「おじいさんの息子、トービアスの子」である  ! ② 原作冒頭、街の噂では「おじいさん」は…

続きを読む

Comment (6)

前!

ビフォア・サンライズ 1995年    ビフォア・サンセット 2004年7月 日本公開 2005年2月   そして、ビフォア・ミッドナイト  2013年1月サンダンス映画祭。  続編がまた作られていて、びっくり+感激   同じキャストで5年、10年、20年後を演じるといい…

続きを読む

Comment (6)

びーる・ふぃっしゅあんどちっぷす、じゃけっとぽてぃと

その女(ヒト)は“Paddington”で電車を降りる。  良い映画にはいつもひょっこりと顔を出す、エマ・トンプソンが画面に現れた。イギリスの映画はなんかイイ。  「新しい人生のはじめかた」・・正直、ちっともそそられないタイトル。ダスティン・ホフマン主演じゃないと見ようと思わないと思うんだけど、  ロンドンには2度ほど、冬と夏に訪れている。 2色のアイ…

続きを読む

Comment (2)

当たるも、当たらぬも、

 おみくじ大吉引当て連勝、更新ならず!!!  おみくじを引いたら「中吉」・・・   残念だけど、神様って良く見てるかもしんないわ~・・・  『へー!?こんなん、やってんだー!?』と時間帯が良いからと、イソイソと映画館に出かけたら、目当てのタイトルが表示されておらず・・・  あれ  ?? ない {…

続きを読む

Comment (5)

基本がなっちょらんのです

  文字通り、身も心もお寒い。      見よ    どんどん灯油が高騰してるのに・・・   こんなで良いわけがナイ!!!!!↓   携帯で撮ったので、あんまりハッキリしないのですが、ツララができているのだから、この窓の奥には人が住んでいるのだろうと思われる。断熱材がうすうすで、暖気が全部、漏れてるに違いない。 …

続きを読む

Comment (8)

好きな曲がラジオから流れるとうれしい

  車が1台。 河のように森林の中を流れる一本の道。   その空からの映像を映し出しながら、ひとり言のようにつぶやきだすメロディー Birds flying high you know how I feel Sun in the sky you know how I feel Breeze driftin' on by you know how I feel   このつぶや…

続きを読む

Comment (4)

Yeah, there was some smart bombs,

but there was some smart dumb ones as well....   本と映画の感想(ネタバレ)。   何にも知らない方がガーン!とくるかと思うので、これから読もう、見ようと言う人は読まないほうが好いわ♡   わたしを離さないで カズオ・イシグロ 著 わたしを離さないで [DVD]20世紀フォックス・ホーム・エンタ…

続きを読む

Comment (7)

水槽の中で酔った魚が泳ぐ

 佐野元春といふ人は 煙草もやめたし、お酒も今はほとんど飲まない。 ・・・かつてファンクラブの会報にそんな記述があった(と思う)。これは、元春さんファンに有効ではなく、新しい話題でもない。   最初にお断り(したくはないのだが)すると単にこれはわたしが見た夢の話。   ・・・・・・・・・ 同じ席にいて、襟が赤の紺色のジャージのジャケットに薄いブルーのストライプの綿…

続きを読む

Comment (8)

飛ぶ夢は見たことがない

 「うわぁぁぁ~~~~      !!!」   やっぱりあったのだ。紅葉した美しすぎる木々の葉。 蔦の葉からまる幹。ミスト&モイストたっぷりの空気。森の中、奥へ進むとパノラマ写真のようにどんどん広がる。カナダの紅葉のようだったのに、徐々に熱帯雨林のように変化していくようにも見える・・・ …

続きを読む

Comment (5)

走ると肉が重いと思い知る(本文と関係なし)

  この頃、まじめにジム通いをしてるので、ブログ更新もままなりません。 早く行って早く帰るため、残業もしないようにしているんです。 本当は何もしないでいるのをこよなく愛していた子どもだったのに・・・カムバック、子ども時代。 一体、何をめざしているんだろ・・・わーたーしー♪ そんな時、図書館から「予約してた本が入りました。1週間以内に受けとってください」と厳しく。 …

続きを読む

Comment (4)

初めて買ってもらったレコードは「アタック№1」

  録画していた映画を見る日々で~~(すんません、緊張感なく)   ① ショコラ 言わずとしれたデップさん主演の映画。前にも見たけど、再視聴。 2000年の作品。10年以上経ってて~ 。 デップさんの映画はいろいろ見てるけど、特にコレってひとつの「ショコラ」です。 あ、最近、アンジーと共演のツーリストも見ました。デップさんより顔が大きい…

続きを読む

Comment (7)

オレがうなると風もうなる

>友人根津の姉・シャンソン歌手踏絵がパリから帰って来るのを知ると・・・   名前が隠れキリシタンを探す道具になっていた・・・ああ、かわいそうなフミエ・・・・フミエというヤツはいつもこやって嗤われる・・・ラジオを聴いていたら裕次郎さんの曲がかけられ、歌詞の面白さに検索したのでした。   「風速40米」  裕次郎さんが主人公で北大工学部という設定の軽井沢の高原別荘みた…

続きを読む

Comment (3)

どうやってわかちあうのか

  映画「キャタピラー」を見た。   映画で映し出されるのは平和そうな農村で、戦争は遠くかけ離れた場所にある。 しかし、平和そうな農村でも本当の平安はない。外国と戦わないまでもそこに戦いは目に見えずに巣くっているのだけれど。そういう土壌を耕し続けているのだけれど。   両手両足を失い勲章を授かった兵士の帰還。 親や兄弟はその姿を見ても怒りをあらわにすることもな…

続きを読む

Comment (6)

告白 (なぁんてね)

   真剣な言葉のあとに続く 「・・なぁんてね」   これがこの物語のテーマあるいは、この物語をたった一言で象徴する単語なのだと思った。 シンボルというのか、アイコンというのか・・・言葉についての考察が足りないのでよくわからないけど。   水曜日のレディス・デー。 「告白」(松たか子主演)を見に行った。     最初の30分は松たか子演じる女性教師が1人で話し続けると…

続きを読む

Comment (5)

Q (キュウ)

土曜日、いつものトモPと「NINE」を見た。 深く感動したわけではなかったけど、ひとつ『わかった』 。 主人公の天才映画監督で浮気者の男グゥィドの妻が「あなたに与え続けて私はもうカラッポよ」というようなセリフから『わかった』のだ。 その瞬間『いや、違う。与え続けた人は何も失わないしなくならない』と心の中で思った。 残るものは、嫉妬、悔恨、憎悪・・…

続きを読む

Comment (4)

This Is It

  こんな楽しそうに歌い踊っている人が、この世にいないなんて信じられない。   水曜日のレディス・デー(映画)。 私も一応、レディス・で~ぇ、マイケルの最後のお仕事を見てきました。圧倒的に素晴らしいマイケル。      始まった時、思わず「きゃ~~~!!」 とか 拍手~~ !! とか したかったんです…

続きを読む

Comment (0)

BS(無料で見られる)映画倶楽部

無料の映画をタイトルだけでテキトーに録画しておりますと、予期せぬ出演者、予期せぬ時代の映画が ボン  と飛び出すので驚きます。 ① ホット・ロック 1971年 ロックの映画かなんか?サタデー・ナイト・フィーバーみたい?と想像したんですけど・・・なんと !お出ましましたのは、世紀のハンサム俳優、ロバート・レッドフォード! 若者は人名はおろか、フ…

続きを読む

Comment (0)

映画倶楽部

   秋ですね。      あの「ミッキー・ローク」主演の映画が上映されていました?!知らなかった~。 タイトル:「レスラー (The Wrestler) 」  レイト・ショーでしか見られないし、さすがに深夜の映画館・一人は不安。 映画好きの友、Oさんに連絡。 「評判いいみたいだね!」と最近、ご無沙汰していた彼女にも会え、ドンキーでハンバーグを食べ、モスでコーヒーを飲み、時間まで…

続きを読む

Comment (0)

許されざる者

  地デジのTVになってから、さかんにBSで映画や特番を録画しております。   最近良かった映画はグラン・トリノ。 心が震えました。泣きました。命を正しく燃やす、消化するというのはこういうことか?無償の愛ってこれか??!と思わせるスゴイ作品でした。 俳優業最後の仕事と位置づけ、公開時のインタビューにおいて、今後は監督業に専念して俳優業から引退すると明かし、「監督だけをやっていこうと…

続きを読む

Comment (2)

こういうの見ちゃうとね~

  こういうの見ちゃうとね~・・・積読がまたまた増えちゃう。   「チェ39歳 別れの手紙」を見ました。28歳もみたからです。 「おもしろかった?」と聞かれると若干返答に困ります。映画は全編、ゲリラ活動をしてる場面が多く、説明的なシーンは少なく、これは少しでも良いからチェってどんな人?っていうのを知ってなくちゃいけないわけです。   俳優のデルトロ(お寿司は大好き。同じ名前だからト…

続きを読む

Comment (0)

そこにあるのはシステム♪

  事務所はシベリアだし、走らないと身体が冷えて体脂肪が増加中です。   なのに土曜日は出かけず、日曜日は映画に。昨日は「ブーリン家の姉妹」を。   怖かった 処刑のシーンを見ると、ぐぐぐっとその死に際の感情にすごい移入してしまう。もー泣きそー。   映画が始まる前にジムでよく会うおば様二人も来ていて「えへへ・・・一人で来てるの見つか…

続きを読む

Comment (0)

豚身昼斗念

   咳、止まりませんの・・・    昨日、別の病院へ行ってみた。X線写真を撮られ、血も2本抜かれた。    やばいかも~?やばいかな~?とおびえてみたのですが、自分の写真はとっても美人さん(あばら骨と鎖骨と背骨と血管たち)であった。血液1本分の血も問題がなかったらしい。    結果、「この薬を飲んでみて良くならなかったらすぐ来てください」と言われ、マ…

続きを読む

Comment (0)

大人じゃない

  「白石加代子」の百物語。   本来の百物語は人が集まって怪談をするというやつだそうで、最初に100本の蝋燭をともし、一話終わるごとに芯を一本ずつ抜いていって、最後の百話目が終り真っ暗になったとき、とき、とき・・・・!!!というやつです。   白石さんの百物語はひとりで何役もこなす朗読劇。 怪談じゃないのもあるそうですが、今回は三遊亭円朝の『牡丹灯篭』。怪談ですが。古典の朗読はな…

続きを読む

Comment (2)